close

2021.11.08

大会情報

クレーコートでの熱戦! 「第44回むさしの村クレーコート選手権大会」女子ダブルスで今成望/小林愛ペアが優勝

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

むさしの村ローンテニスクラブより

男子ダブルスは準決勝進出ペアが決まる

むさしの村ローンテニス(埼玉県)にて、11月3日(祝・水)・7日(日)(予備日:11月14日[日]・21日[日])にわたって行われている「第44回むさしの村クレーコート選手権大会」。大会2日目となる11/7は、女子ダブルスと男子ダブルスの準々決勝までが行われた。

【画像】熱戦のプレー写真&男女ダブルスの結果(組み合わせ表)はこちら

同大会は、クレーコートで行われる男女シングルス、ベテラン男子シングルス(60歳以上)、男女ダブルスで争われる埼玉県テニス協会公認大会。男女シングルスはトーナメント戦(1セットマッチ、6-6よりタイブレーク)、ベテラン男子シングルスと男女ダブルスはリーグ戦(すべて1セットマッチ、6-6よりタイブレーク)によって優勝者が決まる(※男女ダブルスは1リーグ4ペアによるリーグ戦後、男子は各リーグ1位と2位のトーナメント、女子は各リーグ1位トーナメントを実施)。

7つのグループに分かれてリーグ戦を行い(1グループだけ5ペアによるリーグ戦で、その他のグループは4ペアによるリーグ戦)、その後、各グループの1位ペアによるトーナメント戦で争われた女子ダブルス。リーグ戦から決勝戦まで相手に3ゲーム以上を与えない強さを見せた今成望(上尾セントラルTC)/小林愛(フリー)ペアが、優勝を果たした。

一方の男子ダブルスは、女子ダブルスと同様に7つのグループに分かれてリーグ戦を行い(1グループ4ペアによるリーグ戦)、その後、各グループの1位と2位ペアによるトーナメントで争われた。男子ダブルスは準々決勝までが行われ、菊地将平(ノア和光市)/飯島翔武(N.CSP)ペア、笹掛光希(OASIS)/平野翔馬(中央大学)ペア、藤原弥/金藤達紀(ともにフリー)、下東大介(新電元工業)/武井恒(フリー)の4ペアが準決勝へ進出した。なお、男子ダブルスの準決勝と決勝は11月14日(日)に行われる予定。

《女子ダブルス》
●優勝
今成 望(上尾セントラルTC)/小林 愛(フリー)

●準優勝
藤原ちひろ(フリー)/萩原千夏(フリー)

●ベスト4
須藤優子(STJ)/高橋久榮(RSC)
金子由紀子(Team-F)/谷合直子(Windows)


女子ダブルス優勝の今成望/小林愛ペアと準優勝の藤原ちひろ/萩原千夏ペア

《男子ダブルス》
●準決勝の対戦カード
菊地将平(ノア和光市)/飯島翔武(N.CSP)×笹掛光希(OASIS)/平野翔馬(中央大学)
藤原 弥(フリー)/金藤達紀(フリー)×下東大介(新電元工業)/武井 恒(フリー)



「第44回むさしの村クレーコート選手権大会」
●場所:むさしの村ローンテニスクラブ(〒347-0042埼玉県加須市志多見1700-1)
●種目:男女シングルス、ベテラン男子シングルス、男女ダブルス
●日程:【男女シングルス・ベテラン男子シングルス】11月3日、【男女ダブルス】11月7日・14日(予備日11月21日)
●試合方法:全種目とも1セットマッチ(6-6よりタイブレーク) ※男女ダブルスのリーグ戦はセミアド1セットマッチ(6-6よりタイブレーク)
※進行状況や天候によるコート状況により日程や試合方法が変更になることや、ナイターを使用することがある
●使用球:ヨネックスTMP80
●サーフェス:クレーコート
※埼玉県テニス協会公認大会

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

写真=むさしの村ローンテニスクラブ

注⽬の記事PICK UP