close

2021.12.03

選手情報

ロシアが前回大会に続いてベスト4入り! メドベデフ「もっと良いプレーをしたい」[デビスカップ]

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

メドベデフ、サーブで苦労するも負けなしの3連勝

12月2日、男子国別対抗戦「デビスカップ by Rakuten ファイナルズ」(スペイン・マドリード)の準々決勝、ロシアがスウェーデンを2勝0敗で下し、前回大会に続いてベスト4入り。今大会、シングルス1番手として負けなしの世界ランク2位、ダニール・メドベデフは「もっと良いプレーをしたい」と語った。

【動画】メドベデフ、ドロップショットからのロブショットで繊細なタッチ見せる!

【画像】「デビスカップ by Rakuten ファイナルズ」準々決勝 ロシア対スウェーデンの試合写真(画像12点)

この日の試合、シングルス第1試合で世界ランク5位のアンドレイ・ルブレフ(ロシア)が登場し、エリアス・イマー(スウェーデン/同171位)に6-2、5-7、7-6(3)のフルセットで勝利。ロシアに1勝をもたらすと、続くシングルス第2試合でメドベデフがミカエル・イマー(同94位)を6-4、6-4で下して、2連勝を飾って準決勝進出を決めた。

試合後、今大会いまだ無敗でセットすら落としていないメドベデフは、開催地スペイン・マドリードの標高が高く、サーブに不安があるとしながらも「自分のすべきことをやっているという感じで、いいプレーができている。トーナメントが進めば進むほど、良いプレーをしなければいけないし、良い選手と対戦することになる。次の試合では、もっと良いプレーをしたい」と、徐々に対応していきたいとした。

準決勝でロシアは、イギリスを逆転で下したドイツと対戦。メドベデフは、「僕自身のことを言えば、おそらくヤン・レナード・ストルフ(同51位)と対戦するだろう。ビッグサーブがあるし、よくネットに出てくる。キャメロン(ノリー)との試合を見たが、彼のプレーにはとても好感が持てたね。厳しい場面があり、0勝1敗で負けていたけど、チームを立ち直らせて、本当に強かった。戦術、メンタルも準備して戦う」と語った。

今年2月にはATPカップを制しているロシア。トップ30の選手を4名を擁するなど、今大会でも優勝候補とされている。2006年以来のデビスカップ制覇に、また一歩近づくことができるだろうか。

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

注⽬の記事PICK UP