close

2021.12.08

選手情報

シャラポワ、中国ペンの安否問題に対してのWTAの決断を支持「正しい決断にとても感動しました」

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

写真提供:ゲッティ イメージズ

テレビ番組に出演してコメントしたシャラポワ

現地12月6日、元世界No.1のマリア・シャラポワ(ロシア)は、アメリカのテレビ局CNBCに出演。中国の元ダブルス世界ランク1位のペン・シューアイをめぐる問題に対してのWTA(女子テニス協会)の決断を支持するとともに、「彼女と彼女の家族が無事であることを願っています」とコメントした。

【画像】シャラポワが披露したペットボトルを元に作ったドレス姿をチェック

【動画】シャラポワのシンプルでモダンな豪邸


現役時代、ペンと7度対戦経験(シャラポワの6勝1敗)のあるシャラポワは、番組の中でこの件に対してコメントを求められると、「彼女(ペン)は私の同僚であり、ライバルでもあります。とにかく彼女と彼女の家族が無事であることを願っています。そしてWTAが立ち上がって姿勢を示したことに、非常に感銘を受けています。長年お世話になったWTAのスティーブ・サイモン(会長)による正しい決断に、とても感動しました。私もビジネスをしていますが、その前に人々のことを考えるのです。人間的な要素、側面を大切に考えています。だからこそ、私はツアーを完全にサポートしているのです」と語り、疑惑を明らかにしようとするWTAの姿勢を支持した。


WTAのサイモン会長は12月2日、11月初めにペンが中国の元副首相から性的暴行を受けていたこと、その後安否が確認できなかったことに対し、「ペン・シューアイが、自由なコミュニケーションを許されず、性的暴行疑惑を否定するように圧力をかけられている状況で、WTAの選手をそこでプレーさせるわけにはいかない。現状を考えると、2022年に中国で大会を開催した場合、選手やスタッフ全員が直面しうるリスクを大いに懸念している」と声明を発表。「WTA理事会の全面的な支持を得て、私は香港を含む中国で開催されるすべてのWTA大会を直ちに中止する」決断を発表している。

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

注⽬の記事PICK UP