close

2020.01.15

大会情報

【本当に大丈夫!? 全豪、大気汚染の影響で2日連続の遅延】

1月14日(火)に予選がスタートした全豪オープンだが、初日に続いて、2日目も約2時間遅れでの試合開始となってしまった。

現在、開催地メルボルンには、昨年9月から続く森林火災の煙が流れ込んでいる状態。予選初日には、スロベニアのヤクポビッチが試合中に咳が止まらなくなり、棄権を余儀なくされた。加えて何人もの選手から、不満が述べられているという。

それに対して、トーナメントディレクターのクレイグ・タイリー氏は、「屋根付きの3面(ロッド・レーバー・アリーナ、マーガレット・コート・アリーナ、1573アリーナ)と、ナショナルテニスセンターの屋内8面を使用して継続する」という一つの対応策を示している。また、テニス・オーストラリアは、現地気象局と連携して、プレーの安全性を確保していくことを発表している。

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録

写真 テニスクラシック編集部

関連する記事RELATED