close

2022.02.12

選手情報

チチパス、デミノー破りATP500初のタイトルへ前進! 新コーチ加入に「別の視点、アイディアを与えてくれる」[ABNアムロ世界テニス・トーナメント]

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

チチパス、デミノーを破って準決勝進出。ATP500初のタイトル獲得へ

2月11日、「ABNアムロ世界テニス・トーナメント」(オランダ・ロッテルダム/ATP500)で第1シードのステファノス・チチパス(ギリシャ/世界ランク4位)が、アレックス・デミノー(オーストラリア/同34位)を6-4、6-4で破り、準決勝に進出。初めてのATP500大会優勝へ向け、また一歩前進した。

【動画】チチパス、デミノーの守備を打ち崩して準決勝進出! マッチハイライト

この日の試合、チチパスはツアーで6勝0敗と相性の良いデミノーと対戦。我慢強くそして的確なボールコントロールを見せた。

第1セット第5ゲームで、チチパスは力強いストロークでプレッシャーをかけると、デミノーのダブルフォールトを誘発して先にブレークに成功。このままセットを奪うと、第2セットも序盤で2度のブレークで3-0にする。第4ゲームでは一つ返され、デミノーの粘り強さやカウンターショットに苦戦を強いられたが、チチパスも焦らず対応。ショットのクオリティーを下げることなく丁寧にプレーし、最後までリードを許さなかった。

試合後、チチパスは、「今日は一生懸命ボールを打ったよ。ライン際に連続して打ったが、彼はそのボールをただ返すだけでなくカウンターショットを打ってきた」とデミノーのプレーを称えつつ、「忍耐強くプレーしなければ」と我慢強く戦うことができたとコメント。「今日はサーブがとても良かったから、そこで多くのポイントを奪って、彼にプレッシャーを与えることができた」と勝因を語った。

また、2回戦後の会見でチチパスは、コーチであり父親のアポストロス氏に加え、元世界ランク4位で1999年全豪オープンファイナリストのトーマス・エンクヴィスト(スウェーデン)がチームに加入したことを明らかにしている。

「エンクヴィストは、僕のチームに加わった。彼のような人がチームにいるのは重要なこと。ツアーでの経験が豊富で、僕は彼のことをとてもリスペクトしている。トーマス(エンクヴィスト)がここにいるのは、僕を助け、別の視点やアイディアを与えてくれるからなんだ。彼の言うことなら何でも聞くよ。僕たちの間には良いエネルギーがある」と新たな化学反応を楽しみにした。

2018年から毎年ツアー優勝を重ね、7勝を挙げているチチパス。ツアー最終戦「Nitto ATPファイナルズ」やATPマスターズ1000大会でタイトルを手にしているものの、ATP500大会では優勝できていない。新コーチのエンクヴィストとともに今シーズン、初の決勝そしてタイトル獲得することができるだろうか。

準決勝では予選から勝ち上がり、初戦で第5シードのデニス・シャポバロフ(カナダ/同12位)を破っているイジー・レヘチカ(チェコ/同137位)と対戦する。

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

注⽬の記事PICK UP