close

2022.02.21

選手情報

ダニエル太郎が予選突破、21日に本戦1回戦でゴファンと対戦[ドバイ・デューティー・フリー・テニス選手権]

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

予選突破を果たしたダニエル

2月20日、ダニエル太郎(エイブル/世界ランク110位)は、ATP500「ドバイ・デューティー・フリー・テニス選手権」(アラブ首長国連邦・ドバイ/2月21日〜26日)の予選決勝でアレックス・モルカン(ロシア/同73位)に勝利して本戦入り。現地21日、1番コート第3試合(第1試合は日本時間19時開始予定)でダビド・ゴファン(エルギー/同48位)と対戦する。

【組み合わせ】ATP500「ドバイ・デューティー・フリー・テニス選手権」本戦ドロー&試合予定

前週、ATP250「カタール・エクソンモービル・オープン」(カタール・ドーハ/2月14日〜19日)1回戦では、アンディ・マレー(イギリス/同87位)と対戦し、2-6、2-6で敗れたダニエル。今週は、「ドバイ・デューティー・フリー・テニス選手権」に予選から挑んでいる。初戦で、来月4日・5日で行われるデ杯で対戦の可能性があるエリアス・イマー(スウェーデン/同138位)を6-1、6-4で撃破すると、続く予選決勝でモルカンと対戦。難しい局面もあったものの、サービスゲームでは74%(70ポイント中52ポイント)と高確率でポイントを奪う安定感を見せて、6-3、7-6(3)で勝利。見事本戦へのチケットを獲得した。

本戦1回戦で対戦するゴファンとは初対戦。自己最高7位という相手をどう攻略していくかは見ものである。
なお勝ち抜いた場合、2回戦で第6シードのデニス・シャポバロフ(カナダ/同14位)と、準々決勝で第3シードのフィリックス・オジェ・アリアシム(カナダ/同9位)と、準決勝で第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア/同1位)と対戦する可能性がある。ジョコビッチとは2018年のATP1000インディアンウェルズ大会で対戦。7-6(3)、4-6、6-1で勝利している。

【関連記事】ダニエル太郎、粘りも見せたがマレーにストレート負け。全豪オープンのリベンジ許す[カタール・エクソンモービル・オープン]

【関連記事】ダニエル太郎、16強入りならずも自身の中の変化について手応え「やっとテニスをゲームとして捉えられている」[全豪オープン]

【関連記事】ダニエル太郎、金星。元世界No.1マレーを上回るプレーを見せ、ストレート勝利[全豪オープン]


無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

写真=田沼武男

注⽬の記事PICK UP