close

2022.02.25

選手情報

大坂なおみがウクライナ侵攻についてSNSを投稿「信じられないことが起こっています」

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

「私たちはあなた方のことを考え、祈っていることを知っていてほしい」

2月25日、大坂なおみ(フリー/世界ランク80位)はツイッターを更新。「#Ukraine(ウクライナ)」のハッシュタグをつけ、メッセージを投稿した。

【SNS】大坂なおみのツイッター投稿をチェック

大坂は自身のツイッターに「座ってニュースを見ているけど、信じられないことが起こっている。私たちは、極端に“去る者日々に疎し”という世界に生きていることが私には不思議でならない。私たちはあなた方のことを考え、祈っていることを知っていてほしい。#Ukraine」と投稿している。

「去る者日々に疎し(out of sight out of mind)」は、“親しかった人も時を経て疎遠になっていく”という意味のことわざ。かつてはソビエト連邦として連邦国家だったロシアとウクライナが、戦争となってしまう悲劇を大坂は伝えたかったのかもしれない。

テニス界では、エリーナ・スビトリーナ(同15位)やレシア・ツレンコ(同127位)、セルジ・スタコフスキー(男子同240位)、アレクサンダー・ドルゴポロフ(元男子同13位)などウクライナ人のほか、アマンダ・アニシモワ(アメリカ/同40位)、ブラッド・ギルバート(アメリカ/錦織圭の元コーチ)らが、ウクライナの戦争反対をSNSで訴えている。

【関連記事】大坂なおみ、ウィンブルドン前哨戦出場が発表に。「素晴らしい芝コートで戦えることをとてもうれしく思っています」

【関連記事】大坂なおみ、東京五輪を楽しめなかったと振り返り、「とにかく楽しんで、時間を有効に使うことが大切だと思う」と投稿

【関連記事】大坂なおみの写真をチームが紹介『「なおみは本当にテニスを楽しんでるな~」とつくづく思います』

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

写真=田沼武男

注⽬の記事PICK UP