close

2022.03.17

選手情報

ワウリンカ、ツォンガが主催者推薦で出場と発表[ロレックス・モンテカルロ・マスターズ]

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

2人のベテランの出場が発表に

現地3月15日、ATPマスターズ1000「ロレックス・モンテカルロ・マスターズ」(モナコ・モンテカルロ/4月10日〜17日/クレーコート)は、スタン・ワウリンカ(スイス/世界ランク233位)、ジョー・ウィルフリード・ツォンガ(フランス/同215位)と 36歳の2人が、ワイルドカード(主催者推薦)で出場すると発表した。

【動画】ワウリンカ最強バックハンド集をチェック

ワウリンカは昨シーズン、全豪オープンで2回戦敗退を喫すると、3月のATP500ロッテルダム大会、ATP250ドーハ大会で共に1回戦負け。直後に左足を手術し、“数週間コートを離れることになる”と発表していた。だが、回復具合が思わしくなく、3ヵ月後に同じ左足を再手術してシーズンを休養。今年2月14日には、全仏オープンが、ワウリンカの出場を発表している。
ワウリンカにとって、同大会は2014年大会で優勝しており、相性の良い大会である。

ツォンガは今シーズン、1月末からのATP250モンペリエ大会(フランス)に出場すると、ATP500ロッテルダム大会(オランダ)、ATP250マルセイユ大会とツアー3大会に出場。モンテカルロ大会では、2013年と2016年にベスト4に進出している。

3月11日には、世界ランク2位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)が今季2戦目として同大会に出場すると発表している。ワウリンカ、ツォンガも合わせて大きな注目を浴びることになりそうだ。

【関連記事】15年大会覇者ワウリンカが出場と全仏オープンが発表「彼が大会に帰ってくる」

【関連記事】元世界3位ワウリンカが「約1年ぶり」のヒッティング、2度の左足手術から復活を目指す

【関連記事】2シーズンでわずか1勝のツォンガ、約11ヵ月ぶりの勝ち星に「この数ヵ月は難しい時期だった」[南フランス・オープン]


無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

注⽬の記事PICK UP