close

2022.05.17

選手情報

モンフィス、右足かかと手術で母国開催の全仏オープンを欠場「コート上でうまく動けない」

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

モンフィス、右足の怪我で全仏オープン欠場

5月16日、世界ランク22位のガエル・モンフィス(フランス)は、右足の怪我のため、母国で開催される全仏オープンを欠場することを自身のSNSで発表した。

【SNS】モンフィス、自身のツイッターで全仏オープン欠場を発表

モンフィスは、「残念ですが、リヨンと来週の全仏オープンを辞退せざるを得なくなった。モンテカルロ以来、右足かかとの骨のでっぱりに悩まされていて、コート上でうまく動けない」と現在の症状を踏まえ、母国で開催されるグランドスラムを欠場すると発表した。

その上で、「今週、競技に復帰する前にこの問題を治療するため、小さな手術を受けることにした。また、進展があれば知らせるよ」と綴っている。

今年1月の「アデレード国際1」(オーストラリア・アデレード/ATP250)で、およそ2年ぶりに通算11度目のツアー優勝を果たしたモンフィスは、全豪オープンでもベスト8入り。

その後も当時世界ランク1位のダニール・メドベデフを破るなどの戦いを見せていたが、クレーコート・シーズン初戦となった「ロレックス・モンテカルロ・マスターズ」(モナコ・モンテカルロ/ATPマスターズ1000)を右足の怪我で欠場。「ムチュア・マドリード・オープン」(スペイン・マドリード/ATPマスターズ1000)を戦ったのみでクレーコート・シーズンを終えることとなるようだ。

今年は、ジョー・ウィルフリード・ツォンガ(同267位)とジル・シモン(同159位)の2人が最後の全仏オープン。2000年代後半からモンフィスやリシャール・ガスケ(同75位)とともに、フランステニス界を牽引してきた4人が揃う最後の大会となる予定だったが、それも残念ながら叶わなかった。

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

写真=田沼武男 Photos by Takeo Tanuma

注⽬の記事PICK UP