close

2022.06.05

選手情報

上地結衣/モンジャニは東京パラ金ペアに惜敗。上地は単複で準優勝[全仏オープン]

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

上地結衣/モンジャニは2日がかりの試合を制せず

6月5日、「全仏オープン」車いすテニス女子ダブルスが行われ、第2シードの上地結衣(三井住友銀行/ダブルス世界ランク3位)/コタツォ・モンジャニ(南アフリカ/同5位)は、東京パラリンピック金メダリストで第1シードのディーデ・デグロート(同1位)/アニーク・ファンクート(同2位)のオランダペアと対戦。6(5)-7、6-1、[8-10]のフルセットの末に敗れ、上地は5年ぶり4度目の優勝とはならなかった。

【動画】上地結衣とデグロートのシングルス決勝ハイライト

この日の試合は、4日に行われていたものの、最終セットの10ポイントマッチタイブレーク途中で雨により5日に順延されていた。

第1セットは一進一退の攻防が続き、互いに2度ずつブレークして迎えた第11ゲーム、上地/モンジャニは、ダブルフォールトなどミスを重ねていら立ちを見せていたファンクートを攻めてブレークに成功する。だが、ストローク戦で分のあるデグロート/ファンクート。直後のモンジャニのサービスゲームでブレークを許すと、タイブレークも落としてしまう。

あとがなくなった上地/モンジャニだが、第2セットでも焦ることなくラリーで組み立て、2ブレーク。ピンチを迎えることなく、6-1でセットを奪い返していた。

試合は最終セットの10ポイントマッチタイブレーク、2度ずつミニブレークを奪い、4-4でプレー再開。互いにコート深くに落ちて高く跳ねるボールを放つ激しいラリー戦となったが、8-9でマッチポイントを握られると、最後は攻撃したモンジャニのバックハンドがネットに。上地/モンジャニは、2日がかりの試合を制すことはできなかった。

なお、上地はシングルスでも決勝に進出。第1シードのデグロートに4-6、1-6で敗れ、準優勝となっている。


■全仏オープン2022
日程/2022年5月22日(日)〜6月5日(日)
開催地/フランス・パリ:ローランギャロス
賞金総額/4,360万ユーロ(約59億円)
男女シングルス優勝賞金/220万ユーロ(約3億円)
サーフェス/クレーコート

【特集】全仏オープン2022の記事はこちら

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

写真=田沼武男 Photos by Takeo Tanuma

注⽬の記事PICK UP