close

2022.07.03

選手情報

ジョコビッチ、アルカラス対シナー、ノリー、ジャバーに注目、青山修子が女子複3回戦に登場、ウィンブルドン7日目7/3の見どころ

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

青山修子が女子ダブルス3回戦に登場、ジュニアも4選手がプレー

7月3日、ウィンブルドン7日目、昨年までミドルサンデーとして休日だった日曜日だが、今年から試合が行われる。日本人選手は女子ダブルス3回戦に青山修子(近藤乳業/ダブルス世界ランク10位)が、男女ジュニアシングルスに4選手が登場。そして大会3連覇中の男子第1シード、ノバク・ジョコビッチ(セルビア/同3位)、男子第5シードのカルロス・アルカラス(スペイン/同7位)、女子第3シードのオンス・ジャバー(チュニジア/同2位)らがシングルス4回戦でプレーする。

【試合予定】ウィンブルドン2022、青山、ジョコビッチ、アルカラスらが登場[7/3オーダー・オブ・プレー]

第8シードの青山/ハオチン・チャン(台湾/ダブルス同 51位)はコート3第1試合(日本時間19時開始予定)に登場。女子ダブルス3回戦でアリソン・リスケ(ダブルス同485位)/ココ・バンダウェイ(ダブルス同177位)のアメリカペアと対戦する。
そしてジュニアシングルスには男女各2選手が登場。コート8第2試合で予選勝者の松岡隼(桜田倶楽部)が、コート9第2試合で石井さやか(HSS)が、同コート第4試合で予選勝者のジョーンズ怜音(tennium)が、コート15第3試合で木下晴結(LYNX Tennis Academy)がプレーする。

センターコート第2試合では19歳アルカラスが20歳のヤニック・シナー(イタリア/同13位)と対戦する(過去1勝0敗)。アルカラスは「本当にタフな戦いになると思う。僕はこういう挑戦が好きなんだ」と語っている。

同コート第3試合ではジョコビッチが、ワイルドカード(主催者推薦)で出場のティム・ファン・ライトーフェン(オランダ/同104位)と対戦する。ライトーフェンは、6月、ワイルドカード(主催者推薦)で出場したATP250「リベマ・オープン」(オランダ・スヘルトーヘンボス)で、ダニール・メドベデフ(同2位)を下して初優勝。今大会でも2回戦で第15シードのライリー・オペルカ(アメリカ/同18位)を、3回戦で第22シードのニコロズ・バシラシビリ(ジョージア/同26位)を下すなど勢いに乗っている。「同じ世代で、ジュニアではよくプレーしていた。ここ数週間のプレーを見てきたけど、しっかり分析して、良いスタートを切れるようにできればと思っている」と語っているジョコビッチ。どんな戦術で臨むかも興味深い。

そしてNo.1コート第2試合では、第8シードのキャメロン・ノリー(イギリス/男子同12位)対第30シードのトミー・ポール(アメリカ/男子同32位)、第3試合では第3シードのオンス・ジャバー(チュニジア/女子同2位)対第24シードのエリーゼ・メルテンス(ベルギー/同31位)に注目したい。

また、No.2コート第2試合の第23シードのフランシス・ティアフォー(アメリカ/同28位)対ダビド・ゴファン(ベルギー/同58位)も楽しみな試合だ。ゴファンは、2020年USオープン以来の4回戦進出となっている。



■ウィンブルドン2022
[THE CHAMPIONSHIP WIMBLEDON]
・大会日程/2022年6月27日(月)〜7月10日(日)
・開催地/イギリス・ウィンブルドン:オールイングランド・ローンテニス・アンド・クローケー・クラブ(時差8時間)
・賞金総額/4,035万ポンド(66億6,160万円)
・男女シングルス優勝賞金/200万ポンド(3億3,030万円)
・サーフェス/グラス(芝)コート
・TV中継・放送予定/WOWOW、NHK

【特集】ウィンブルドン2022の記事はこちら


無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

注⽬の記事PICK UP