close

2022.07.04

選手情報

シナー、アルカラスとの熱戦制しウィンブルドン初の8強「2人のレベルは高く、素晴らしい姿勢だった」[ウィンブルドン]

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

シナー「残念ながら、僕たちはベスト16で戦わなければならなかった」

現地7月3日、ウィンブルドン男子シングルス4回戦が行われ、20歳のヤニック・シナー(イタリア/世界ランク13位)が、19歳のカルロス・アルカラス(スペイン/同7位)を6-1、6-4、6(8)-7、6-3で下し、同大会初のベスト8入り。シナーは「素晴らしいレベルのテニスを見せられた」と満足のいく試合ができたと語った。

【動画】次世代を担う2人の対決はシナーに軍配! マッチハイライト

「タフな試合だった。それは前からわかっていたことだが、僕たち2人のレベルはとても高かったと思う。素晴らしいレベルのテニスを見せられたし、2人とも素晴らしい姿勢だったと思う」と試合を振り返ったシナー。

この日の試合、シナーは第1、第2セットとストロークをコート深くに配球し、アルカラスにアグレッシブなプレーを許さない。これに対抗しようと、アルカラスは強引に攻撃したもののミスが出てしまい、シナーが2セットを連取する。

だが、徐々にリズムを取り戻したアルカラス。第3セットをタイブレークの末に落としたシナーは、第4セット序盤からピンチが続く。流れがアルカラスに傾きつつある中、シナーは我慢の展開となったが、これを耐えてサービスキープを続けると、アルカラスに再びミスが出てブレークに成功。リードを守り切りウィンブルドン初のベスト8入りを決めた。

試合中は、集中しながらも好プレーには両者笑みを浮かべる場面もあり、まさに将来のテニス界を担う2人の互いにリスペクトしあった戦いだった。

シナーは、「先のことはわからないけど、僕とカルロスにとってはそうなること(将来グランドスラム決勝で戦うこと)を望んでいるよ。残念ながら、僕たちはベスト16で戦わなければならなかった。今日、僕たちが見せたのは、いいテニスと良い人間だということ。誰もイライラしたりすることはなかった。それがテニスのすべてだ。彼もチャンスはあったし、今日は僕が勝ったけど、次はまた違う展開になるかもしれない」と語った。

ウィンブルドンで初めてベスト8に進出したシナーは、準々決勝で同大会を6度制し、3連覇中の第1シード、ノバク・ジョコビッチ(セルビア/同3位)と対戦する。


■ウィンブルドン2022 [THE CHAMPIONSHIP WIMBLEDON]
・大会日程/2022年6月27日(月)〜7月10日(日)
・開催地/イギリス・ウィンブルドン:オールイングランド・ローンテニス・アンド・クローケー・クラブ(時差8時間)
・賞金総額/4035万ポンド(66億6160万円)
・男女シングルス優勝賞金/200万ポンド(3億3030万円)
・サーフェス/グラス(芝)コート
・TV中継・放送予定/WOWOW、NHK

【特集】ウィンブルドン2022の記事はこちら

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

写真=田沼武男 Photos by Takeo Tanuma

注⽬の記事PICK UP