close

2022.07.06

選手情報

20歳シナー、ジョコビッチにフルセット負けも手応え「自信につながる大会だった」[ウィンブルドン]

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

「ここで得た自信を活かして残るシーズンを戦いたい」

現地7月5日、ウィンブルドン男子シングルス準々決勝で、大会3連覇中の第1シード、ノバク・ジョコビッチ(セルビア/世界ランク3位)に2セットアップから敗れた第10シードのヤニック・シナー(イタリア/同13位)は記者会見で「自信につながる大会だった。高いレベルのテニスができることを証明できたと思う」と語った。

【動画】“ジョコビッチも思わず拍手”シナーが見せたスーパーショットをチェック

会見の冒頭、「対戦前からわかっていたことだけど、タフな試合だった。僕も良いプレーをしたけど、彼は第4セットでレベルを上げ、第5セットは正しい方法でプレーしていた。でも、ここまでできたことは誇りに思うし、ここで得た自信を活かして残るシーズンを戦いたい」と語ったシナー。

2セットを奪ってからの逆転負けは、ショックも大きいはず。どの時点で敗戦がよぎったかと聞かれると、「5セットマッチの試合だからね。2セット先に取って、残るセットも可能な限りベストを尽くした。第3セット、僕がサーブだった第4ゲームで0-30となったところから彼のプレーが良くなってブレークされた。そこから彼の調子が良くなったんだ。第5セットは、彼がより多くのポイントを支配していたので、もっと何かをすべきだったと思う」とブレークされた第3セット第4ゲームがカギになったと答えている。

また第4セット第8ゲームで転倒した際に、痛めたように見えた左足首については「最初、痛みを感じて、ちょっと怖かったんだけど、一歩踏んだ時に大丈夫だとわかった。問題はないよ」と幸いにも問題にはならなかったようだ。

「自信につながる大会だった。高いレベルのテニスができることを証明できたと思う。これからも一生懸命頑張るよ。何日か休むかもしれないけど、また自分を鼓舞してやっていくよ。ここから数ヵ月、どんな結果を残せるかを見てみたい。僕はベストを尽くした。また戻ってきて、もっといいプレーができることを願っている」と敗れはしたものの、ウィンブルドンで初のベスト8(グランドスラム全体としては3度目)と結果を残し、“自信につながる大会だった”とまとめた。



■ウィンブルドン2022
[THE CHAMPIONSHIP WIMBLEDON]
・大会日程/2022年6月27日(月)〜7月10日(日)
・開催地/イギリス・ウィンブルドン:オールイングランド・ローンテニス・アンド・クローケー・クラブ(時差8時間)
・賞金総額/4,035万ポンド(66億6,160万円)
・男女シングルス優勝賞金/200万ポンド(3億3,030万円)
・サーフェス/グラス(芝)コート
・TV中継・放送予定/WOWOW、NHK

【特集】ウィンブルドン2022の記事はこちら


無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

注⽬の記事PICK UP