close

2022.09.23

選手情報

〈フェデラーGS20勝プレイバック4〉初の全米OPタイトルを獲得! これで04年大会は3つの四大大会を制覇/2004年USオープン [リバイバル記事]

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

フェデラーが獲得したグランドスラム20勝(全豪オープン6回、全仏オープン1回、ウィンブルドン8回、全米オープン5回)を一つずつプレイバック(写真は2004年USオープン)

2004年USオープン、初のタイトルを獲得!

今日9月23日からイギリス・ロンドンで開催されるレーバーカップを最後に現役を引退すると発表したロジャー・フェデラー(スイス)。フェデラーがこれまで達成したグランドスラム優勝20回(全豪オープン6回、全仏オープン1回、ウィンブルドン8回、全米オープン5回)を、当時の写真とともに振り返る。

※『テニスクラシック・ブレーク』2009年11月号別冊付録に掲載したものを再編集した記事になります

【当時の画像】2004年USオープンで優勝した瞬間やフェデラーのプレー写真はこちら

大会前のアテネ・オリンピック2回戦でトーマス・ベルディッチ(チェコ)にまさかの敗退を喫したフェデラーは、早めにニューヨーク入りし、じっくりと準備を進めていた。そしてUSオープンが開幕すると、大会前の不調を払拭するように強いフェデラーを見せ、4回戦までは特に大きな問題もなく勝ち進む。

雨模様の中で迎えた準々決勝の対戦相手は、USオープン前哨戦シンシナティ大会で優勝した好調アガシ。第1セットをフェデラー、第2セットをアガシ、第3セットをフェデラーが取り一進一退の展開となったが、ここで雨が降ってきたため試合は翌日に順延。そして翌日、雨は降っていないもののハリケーン並みの強風の中、試合が再開されたが、こうした厳しい状況を経験してきたアガシが第4セットを奪い、これで2セットオール。それでもファイナルセットになると、この悪条件に合わせてうまく戦術を変え“確実に相手のコートの中へボールを返す”“丁寧にサーブを打つ”ことに集中したフェデラーが第5セットを取り勝利を収めた。

続く準決勝、ここまで2勝6敗と負け越しているティム・ヘンマン(イギリス)が相手となったが、大会が勝ち上がるにつれて強さを発揮するフェデラーがストレートでこの試合を制す。

そして迎えた決勝戦。相手は、1回戦から相手に1セットも与えることなく勝ち上がってきた絶好調のレイトン・ヒューイット(オーストラリア)。しかし実際に決勝戦が始まると、あまりにもフェデラーの体とショットのキレがよく、ヒューイットの動きが遅く見えるくらいに一方的な試合となる。フェデラーの軽快なフットワーク、キレのあるストローク、ネットでのプレッシャーにヒューイットはまったく対応することができず、最初の8ゲームをフェデラーが怒涛の勢いで奪ってしまう。

その後も試合はフェデラー有利で進んだが、急に流れが変わったのは第2セットの終盤。フェデラーのファーストサーブが入らなくなり、ゲームカウント5-6と逆にヒューイットにリードを許してしまった。だが、ここでフェデラーが気合いを入れ直すと、当然のように6-6に追いつき、結局タイブレークを7-3でものにする。こうして再び主導権を握ったフェデラー、第3セットでは第1セットに続き6-0と1ゲームも許さず、終わってみれば圧勝のストレート勝ち。初のUSオープン・タイトルを手に入れた。


これで2004年は、全豪オープン、ウィンブルドン、USオープンと四大大会のうち3つを制覇することとなった。

【2004年USオープン/フェデラーの試合結果】
決勝/対L.ヒューイット(オーストラリア) 6-0 7-6(3) 6-0
準決勝/対T.ヘンマン(イギリス) 6-3 6-4 6-4
準々決勝/対A.アガシ(アメリカ) 6-3 2-6 7-5 3-6 6-3
4回戦/対A.パベル(ルーマニア) 不戦勝
3回戦/対F.サントロ(フランス) 6-0 6-4 7-6(7)
2回戦/対M.バグダティス(キプロス) 6-2 6(4)-7 6-3 6-1
1回戦/対A.コスタ(スペイン) 7-5 6-2 6-4

【次の記事】〈フェデラーGS20勝プレイバック5〉“芝の王者”の強さを見せつけ、父の前でウィンブルドン3連覇達成/2005年ウィンブルドン [リバイバル記事]



【前の記事】〈フェデラーGS20勝プレイバック3〉ウィンブルドン特有の雨にも惑わされず第1シードとして見事な優勝/2004年ウィンブルドン [リバイバル記事]

【関連記事】フェデラーのテクニックを解説した記事一覧はこちら

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

写真=テニスクラシック

注⽬の記事PICK UP