close

2020.07.23

大会情報

ITFがジュニアや車いすテニスなどのツアー再開へ向けた計画を発表

ITFのデイビッド・ハガティ会長

ITF(国際テニス連盟)は7月22日、ITFツアーだけでなくジュニアやシニア、車いすテニス、ビーチテニスのツアー再開計画を発表した。

現状、ITFツアーは8月17日から再開予定となっており、ジュニアやビーチテニスのツアーは8月31日より再開されることが決定。また、シニアと車いすテニスのツアーに関しては未定となっている。
今回発表された計画は、関係者の健康と安全を第一に考え、各ツアー委員会と協力して策定。ITF理事会の承認を経たものとなっており、大会主催者や出場選手が、新型コロナウイルスのリスクを軽減することを目的としている。

<選手への要求>
・一般の人がアクセスできるような場所(レストランやバー)に行くことを最小限にすること
・過去14日間でリスクのある接触がなかったか
・毎日体温チェックを受けなければならない
など
<大会側への要求>
・出場選手の健康を守るために、新型コロナウイルスの要因と緩和策を練ること
・会場に入る前の場所に手を洗う場所や消毒液を置かなければならない
・観客はITFが事前に承認した場合のみ許可されること
・複数の人が使用する屋内空間は換気されなければならない
など

ITF会長のデイビッド・ハガティ氏は、声明で「我々はITFのすべてのツアーがこれまでのようなテニスに戻すためのステップを発表できることをうれしく思う。今年はテニス界にとって、厳しい年だが、世界中のプレーヤーがテニスをすることや収入の機会を取り戻すために、できるだけ早くツアーを再開したいと考えている。しかし、再開後も可能な限り安全にするため、適切な措置を取らなければならない」と、コメントしている。

安全面を最優先にし、日常を早く取り戻せる日が来て欲しい。そう切に願う。

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録

写真=石塚康隆 Photos by Yasutaka Ishizuka

タグ

関連する記事RELATED