close

2020.07.18

選手情報

「USオープンを欠場する可能性もある」、クビトワが発言

ペトラ・クビトワ(チェコ)がイギリス・BBCラジオ5の取材に応えて、“新型コロナウイルスのため、何人かのプレーヤーが確実にUSオープンには行かない”と語った。

元々アメリカへの入国は、指定チャーター機のみで許されるとしていたが、その後、単独での入国が可能になった。さらに選手が帯同できる人数は3人に増えて、指定ホテル以外での滞在も許されるように変更となっている。それでも制限が残っていること、さらに毎日1万人以上の新規罹患者が生まれている極めて難しい状況というのも、選手たちに影響を与えているのだろう。

クビトワは、「もし新型コロナウイルスによる(帯同人数などの)制限が今のままなら、何人かのプレーヤーは『確実に行かない』と言っている」とコメント。続けて「ファンがいないグランドスラムなんて、見たいものではない。もし、すべてがOKとなるならば、出場すると思う。私が欠場する可能性もある。とにかく、すべての情報を把握したうえで、出場するかどうかを決めたい」と語った。

8月31日から開幕予定のUSオープンだが、大会出場後、帰国したら一定時間、屋内で待機しなければならない。トレーニングはできるものの、大会出場はおろかボールが打てないという期間が生まれてしまうわけだ。そして9月27日から、すぐに全仏オープンが始まってしまう。当然、クレーへの調整がままならない選手も出てくるだろう。できれば全選手が出場してほしいグランドスラムではあるが、コロナ禍にある今年の開催だけはそれが実現しないのも無理はないのかもしれない。

写真=石塚康隆 Photos by Yasutaka Ishizuka