close

2020.08.19

選手情報

フェデラー、ジョコビッチ、ナダルも破れなかったサンプラスの偉大な記録

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存


ビッグ3にも破られていない
サンプラスのある記録

しかし、それも“BIG3”ロジャー・フェデラー(スイス)、ラファエル・ナダル(スペイン)、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)の台頭により抜かれてしまう。世界ランキング1位の在位期間286週という記録もフェデラーに抜かれ、2位だ。だが、彼らにも抜けなかった記録がある。「年間最終ランキング」6年連続1位という記録だ。

サンプラスは、1993年から1998年まで6年連続で年間最終ランキング1位を獲得。それまでの記録を保持していたジミー・コナーズ(アメリカ)の5年連続(1974-1978年)を抜き、偉業を達成した。
サンプラスは、「6年連続1位という記録が欲しかったんだ。1998年に一度きりのチャンスがあり、それに夢中になっていたよ。1位をキープし続けることがどれだけ大変なことか、6年連続でキープすることがどれだけ大変なことかわかっている。それが破られるかどうかは誰にもわからない」と、記録を狙っていたという。



サンプラスの引退後、今でもテニス界の頂点に君臨する“BIG3”のフェデラー、ナダル、ジョコビッチが登場。しかし、彼らでさえサンプラスの記録は打ち破れていない。“史上最高のテニス選手”との呼び声高いフェデラーは、4年連続(2004-2007年)、精密機械のような正確なショットを放つジョコビッチは2年連続(2011-2012年、2014-2015年)で記録がストップ。“クレーキング”ナダルは2年連続1位も成し遂げられなかった。

レジェンドたちが成し遂げられなかったサンプラスが残した偉大な記録。それが破られる日が、いつか来るのだろうか。

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

注⽬の記事PICK UP