close

2020.11.05

選手情報

ズベレフが元恋人への暴行疑惑を改めて否定「真実でない」

「告発は真実でない」
暴行については完全否定

世界ランキング7位のアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)が、11月4日の「ロレックス・パリ・マスターズ」(フランス・パリ/ATP1000)2回戦の勝利後、記者会見で改めて暴行疑惑について「真実ではない」と否定した。

【関連記事】今シーズン、躍進したズベレフの頭から離れない唯一の心残り
【関連記事】ズベレフが2週連続優勝でライバルたちに警告「すぐにトップになる」

10月末、以前交際していたオルガ・シャリポワさんが、インスタグラムでズベレフからDVを受けていたと告発。
これに対し、ズベレフは「とても悲しくなった。子供の頃からお互いのことを知っていて、多くの経験を共有してきた。そのような発言をしたことを残念に思っている」と釈明。「告発は真実でない。なぜ今オルガがこのような告発をするのかわからない」と、暴行については完全に否定していた。

会見でズベレフは、「インスタグラムですべてを話したよ。付け加えることはない。僕はテニスをするためにここに来た。言ったように関係はずいぶん前に終わっているんだ。今はコートでの時間を楽しんでいるよ。すべてのことを言ったし、それらのことは真実ではない。今はこれ以上言えることは何もないよ」と、改めて疑惑を否定した。

この数週間、ズベレフは好調を維持しており、母国ドイツ・ケルンで行われた大会では2週連続優勝を果たしている。すでにツアー最終戦の出場も決めており、「ロンドンは特別な場所だ。キャリアの中で最大のタイトルを手にしたんだからね。今年はどこまでやれるか見てみたい」と意気込みを語っている。今後、プレーに影響が出なければいいのだが…。

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録

写真=田沼武男 Photos by Takeo Tanuma