close

2020.10.26

選手情報

ズベレフが2週連続優勝でライバルたちに警告「すぐにトップになる」

世界ランキング7位のアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)が、10月25日に行われた「bett1ハルクス選手権」(ドイツ・ケルン/ATP250)の決勝で同9位のディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)を6-2、6-1で下し、母国ドイツで2週連続優勝を果たした。

【関連記事】ズベレフ、イギリスのコロナ拡大もツアー最終戦の開催に確信
【関連記事】全仏オープン男子18選手!! ラケット調査!

優勝したズベレフは、2日前に腰の痛みで棄権寸前だったというが、メディカルチェックの末、出場を決断。「2日前は大会を終えられるかわからなかったが、今はチャンピオンとしてここにいるからリタイアしなくてよかった」とコメントし、ツアー13勝目を喜んだ。

決勝で対戦したシュワルツマンに対しては、「ツアーが再開されてからの数ヵ月間を祝いたい。世界で最高の選手の一人だと思う。ローマでの準優勝や全仏オープンでのベスト4。数々のトッププレーヤーを破ってきている」と語った。

オンコートでのインタビューでズベレフは「僕に関わってくれているみんなに感謝している。直視が良くなってきているし、もうすぐトップになれると思う」と、自らのチームに感謝を示しつつ、テニス界の頂がすぐそこまで来ている実感があると語った。

この投稿をInstagramで見る

Back to back 🏆🏆🇩🇪

Alexander Zverev(@alexzverev123)がシェアした投稿 -


今年のUSオープンでは、キャリア初となるグランドスラム決勝も経験したズベレフ。すでに今年のツアー最終戦「Nitto ATPファイナルズ」の出場権も確定しており、トップへの道を着実に歩んでいる。

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録

写真=田沼武男 Photos by Takeo Tanuma