close

2020.11.04

選手情報

左ヒザの怪我に悩むアンドレスクが来年全豪出場を宣言! 「100%プレーする」

今季、左ヒザの怪我でプレーできずにシーズンを終えた世界ランキング7位のビアンカ・アンドレスク(カナダ)が、海外メディア『Tennis Majors』のインタビューに対し、全豪オープンで「100%プレーする」ことを明かした。

【関連記事】全豪に追い風。豪州で5ヶ月ぶりとなる新型コロナウイルス新規陽性者ゼロを記録!
【関連記事】世界7位のアンドレスクが今季終了を宣言 左ヒザの怪我が長引く

昨シーズン、3月の「BNPパリバ・オープン」でツアー初優勝を遂げると、母国開催となった「ロジャーズ・カップ」でも優勝。さらに、初めて出場したUSオープンでグランドスラム初優勝を飾り、一躍世界のトップに躍り出た。

しかし、WTAツアー最終戦で左ヒザを故障。2020年のシーズン開始に間に合わず、加えて「自分の体とトレーニングに集中する」ため、今シーズンの復帰を断念していた。

そんな辛いシーズンを送ったアンドレスクだが、すでに来年に向けて目が向いている。
「今は調子がいいし、ハードなトレーニングも積めている。2021年を本当に楽しみにしている」と来シーズンの復帰を宣言。さらに「完全に健康になったわ。自分の人生を構築するために時間をかけたいと思っていたし、今回のオフはそのための助けになった。一歩一歩進んでいて、2、3週間後には良い状態になっているかもしれない。急ぐことはしたくないけど、良い感じね」と調子の良さをアピールした。
その復帰戦と考えているのが、全豪オープン。準備できているかと問われたアンドレスクは、「100%プレーする」と、グランドスラムで戦う準備がすでにできているとした。

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録

写真=田沼武男 Photos by Takeo Tanuma