close

2020.11.26

選手情報

フォニーニが新たなコーチと共に2021年に向け始動!

世界ランキング17位のファビオ・フォニーニ(イタリア)が、元世界ランキング8位のアルベルト・マンチーニ氏との新タッグで2021年シーズンに向けて動き出した。

【関連記事】世界16位のフォニーニが新型コロナ検査で陽性反応。前日にはダブルスの試合に出場も
【関連記事】ツアー中断中に決断! フォニーニが両足首の手術へ

これまでデビスカップイタリア代表のキャプテンを務めているコラード・バラズッティ氏がフォニーニのコーチを兼任していたが、今シーズンでそれを解消。元世界ランキング8位で2度の全仏オープンベスト8を経験しているマンチーニ氏に白羽の矢を立てた。

マンチーニ氏は、1989年にボリス・ベッカー氏やアンドレ・アガシ氏を破り、2大会で優勝。トップ10入りを果たすと、シーズン終盤にはキャリアハイとなる8位を記録している。しかし、度重なるケガの影響からランキングは徐々に下降。1994年に引退した。
その後、2003年に元世界ランキング3位のギレルモ・コリア(アルゼンチン)のコーチに就任すると、その年、5度の優勝と2度の準優勝の活躍に貢献。また、アルゼンチンのデビスカップ代表キャプテンとして、2006年と2008年大会で決勝に導いており、トップ選手の指導経験も豊富だ。


今年5月にこれまでの疲労により問題を抱えていた両足首の手術を行ったフォニーニ。その後復帰を果たしたものの、10月には新型コロナウイルスの陽性反応が出たことでシーズンを終えている。
新たなコーチと共に来年どのようなプレーを見せるか楽しみだ。

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録

写真=石塚康隆 Photos by Yasutaka Ishizuka