close

2021.03.12

テクニック

テニスの試合で勝つ近道は動画編集サービス「テニスアナライザー」がおすすめ!

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

テニスアナライザーであなたのテニスはもっと進化する! もっとテニスが楽しくなる!


試合の動画を送れば
テニスアナライザーが
編集・分析してくれる!


テニスアナライザーとは、試合の映像を編集・分析してくれるサービスのこと。個人向けとチーム向けの2種類があり、個人向けは次のステップで、簡単に利用することができる。
①自分の試合を動画で撮影する
②撮影した映像データを「テニスアナライザー」に送る
③編集された映像とサマリーが届く

スマートフォンやビデオカメラで自分の試合を撮影し、その動画をテニスアナライザーに送ると、1週間ほどで映像を編集・加工してくれる。その映像とサマリーを見ることで、実際の試合と自分の認識のズレを把握することができ、自己分析を正確に行えるのだ。





具体的に、どのような映像に編集してくれるのか。テニスアナライザーでは、ポイントごとに、次の4パターンに分けて編集される。
・サービスゲーム取得ポイント
・サービスゲームのエラーポイント
・リターンゲーム取得ポイント
・リターンゲームのエラーポイント

ポイント間やゲーム間などの映像はカットされ、それぞれ5~10分ほどの長さになるので、繰り返しチェックしやすい。

また、これに加えて「総ポイント」「取得ポイント率」「エラーポイント率データ」を円グラフ化したサマリーがつく。1試合分のポイントがデータ化され視覚化されるので、数字が苦手な人でもジュニアでも、誰でも理解しやすいものになっている。






さらに、日本プロテニス協会認定の指導資格を持つコーチが、その試合の傾向と対策についてアドバイスしてくれる有料オプションも用意。試合の傾向と対策について、例えば「ダブルフォルトが多い」「リターンミスが多い」「配球が単調」といった傾向を分析してくれて、その対策案として「ファーストサーブの確率を上げる」「リターンの立ち位置を下げる」「ストレートへの返球を増やす」といったアドバイスをしてくれるのだ。

このような客観的なフィードバックを参考にすれば、次の試合に向けて「ダブルフォルトを減らすために、セカンドサーブを安定して入れられるようにしよう」などといった目標を設定することができ、より効率のいい練習ができるようになる。


個人向けサービスのイメージ動画はこちら



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
「テニスアナライザー」の詳細はこちら↓
https://tennis-analyzer2020.com/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

画像提供=テニスアナライザー

注⽬の記事PICK UP