close

2021.03.12

テクニック

もう打った⁉春の大注目ラケット【ウイルソン/プリンス/テクニファイバー】実力チェック!!(1) トラックマンによる試打テストを実施

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

ラケットプラザとテニスクラシックによる最新ラケットとストリングの違いによるフィーリングを紹介


プリンス2モデルの試打インプレは!?
『ツアー100 (310g/290g)』

続いてはプリンス。『ツアー100』310gと290gの2モデルを、ポリ(TOUR XX SPIN 17)、ナイロンマルチ(EMBLEM CONTROL 16)、ナイロン・モノ(TOPSPIN XX 16)で試打した。





プリンスの担当者によるラケット紹介映像では、今回の新モデルについて「フレームの形状が縦長で、フレームのシャフトがボックス形状になっていることが特長。地面と平行にスイングしやすく、フラットドライブを打ちやすいモデルになっている。また、打球感が向上して弾きが強くなっているので、スピードボールが打てるよう生まれ変わった」と語られた。

試打インプレについて、右近氏は「プリンスの昔のモデル『ディアブロ』に近い感触でした。フラットドライブが打ちやすいとのことですが、意外とスピンがかかったなという感じです。重さの違いはありますが、290gのほうが少し優しくなった印象です」と評価。椿野氏は「フレームがボックス形状なので、ブレが少なくしっかりしている印象でした。右近さんも指摘していましたが、スピンがかかりやすかったです。反発性は、310gでも290gでもそれほど変わりませんでしたが、フレームが硬いので、もう少し柔らかく打ちたい人はナイロンを張るのがオススメです」と語ってくれた。





プリンスのベストバイ・ラケットは、右近氏は“ラケットらしいラケット”という印象だった「310g」を挙げ、椿野氏は、しっかりした打球感で飛ばしたい女性にオススメしたい「290g」を選んだ。





無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録