close

2021.05.20

選手情報

ダブルスで強い日本人女子〜ダブルスパートナーの選び方とダブルスの賞金についても紹介〜

写真提供:ゲッティ イメージズ

2人で戦うことができる「ダブルス」は
日本人プレーヤーに適している!?

3月下旬、WTA1000マイアミオープンで青山修子(近藤乳業)/柴原瑛菜(橋本総業HD)ペアが優勝を果たしたのは記憶に新しい。
今回は、そのダブルスについて。
5月17日時点でのWTAダブルス・ランキングではトップ100に6人の日本人選手が入っている。シングルスではトップ100に3人。ATPではシングルス・トップ100に2人、ダブルス・トップ100に1人だから、女子ダブルスは健闘している印象だ。

つまり、現状のテニス界において、日本人が最も活躍しているカテゴリは、女子ダブルスであると言ってもいいだろう。

【動画】青山/柴原ペア優勝の2021アブダビ大会決勝ハイライト


■WTAダブルスランキング100位以内の選手は6人
13位 青山修子(近藤乳業 ※シングルスキャリアハイ182位)
13位 柴原瑛菜(橋本総業HD ※シングルスキャリアハイ416位)
65位 日比野菜緒(ブラス ※シングルスキャリアハイ56位)
67位 二宮真琴(エディオン ※シングルスキャリアハイ280位)
75位 加藤未唯(ザイマックス ※シングルスキャリアハイ122位)
81位 土居美咲(ミキハウス ※シングルスキャリアハイ30位)

■WTAシングルスランキング100位以内の選手は3人
2位 大坂なおみ(日清食品 ※ダブルスキャリアハイ324位)
82位 土居美咲(ダブルスキャリアハイ78位)
84位 日比野菜緒(ダブルスキャリアハイ43位)

■ATPダブルスランキング100位以内の選手は1人
43位 マクラクレン勉(イカイ ※シングルスキャリアハイ729位)

■ATPシングルスランキング100位以内の選手は2人
48位 錦織圭(日清食品 ※ダブルスキャリアハイ167位)
60位 西岡良仁(ミキハウス ※ダブルスキャリアハイ210位)
※ランキングはすべて2021年5月17日更新のもの

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録