close

2021.05.25

ギア情報

〈ギア使用調査〉「2021全国選抜ジュニア」14歳以下男子&女子でもっとも使用されたラケットはなんだ!?

「全国選抜ジュニア」の14歳以下男女カテゴリーで使われたラケットをメーカー別に調査!

出場選手の使用ラケットを
男子と女子で
メーカー別に集計!

5月13日〜16日、千葉県柏市・吉田記念テニス研修センター(TTC)にて2年ぶりに開催された「2021 DUNLOP CUP全国選抜ジュニアテニス選手権大会」。この大会は14歳以下と12歳以下の大会で、今年は新型コロナウイルス感染拡大防止のため無観客で行われた。そうしたなかでも熱戦が展開され、14歳以下男子はノーシードから勝ち上がった安藤雄哉(荏原SSC/関東)が、女子は第3シードの園部八奏(与野TC/関東)が優勝。12歳以下では、男女ともに第2シードの櫻井義浩(美浜テニスガーデン/関東)と石井心菜(グリーンテニスプラザ/関東)がそれぞれ制し、大会は幕を閉じた。

【関連記事】「2021 DUNLOP CUP全国選抜ジュニア」14歳以下は男子・安藤雄哉、女子・園部八奏が、12歳以下は男子・櫻井義浩、女子・石井心菜が優勝!

試合結果はもちろん、全国大会に出場するトップレベルのジュニア選手たちがどんなメーカーのラケットを使っているのかも気になるところ。そこで、14歳以下男女の全出場選手が使用していたラケットを調査してみた。どのメーカーが人気なのか、メーカー別に集計して紹介する。

まずは、14歳以下男子のラケット使用メーカー別順位から。



<ラケット使用メーカー別順位/14歳以下男子>
【1】ヨネックス[9選手]28.1%
【2】ウイルソン[6選手]18.8%
【3】ヘッド[5選手]15.6%
【3】ダンロップ[5選手]15.6%
【5】プリンス[4選手]12.5%
【6】バボラ[3選手]9.4%

今大会、14歳以下男子で使われていたラケットは6メーカーのみ。そのなかでいちばん多かったのはヨネックスで、9選手と3割弱の選手が使用していた。そして、ウイルソンが6選手、ヘッドとダンロップがそれぞれ5選手と続いている。ちなみに、このカテゴリーを制した安藤選手は使用者がもっとも少なかったバボラのラケットを使っていた。

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録