close

2021.06.01

選手情報

<一問一答>フェデラー、イストミンを翻弄して快勝「全体としては、非常に満足しているよ」[全仏オープン]

2年ぶりの全仏で初戦を突破!
「できるだけ多くのポイントを
プレーしたいと思っていた」

5月31日、第8シードのロジャー・フェデラーは、デニス・イストミン(ウズベキスタン/同203位)と対戦。6-2、6-4、6-3でストレート勝利し、2回戦にコマを進めた。
5月中旬、全仏オープンに向けて出場した地元スイスのATP250「ゴーネット・ジュネーブ・オープン」では、残念ながら初戦でパブロ・アンドゥハル(スペイン/同75位)に敗戦。その試合後、「プレーはもっと良くなると予想している」と語っていたフェデラーだが、全仏直前には「現実的に全仏で勝てないとわかっているし、私が勝つと思っている人も間違っている」というコメントもしていた。


【動画】フェデラーvs.イストミン1回戦ハイライト


2年ぶりに出場する全仏オープンとあって、世界が注目する試合となったが、フタを開けてみれば、ドロップショットにネットプレー、テンポの速いサービスゲームなど、フェデラーらしいプレーでイストミンを圧倒して勝利。記者会見では「全体的に見て、より良かったと思う。対戦相手のタイプが違ったこともあるが、さまざまな方法でポイントを上げることができた」と満足な出来だったと明かしている。

以下、記者会見でのフェデラーの一問一答である。


Q.現在のオリンピックへの考え方を教えてください。

「そうだな。2つの思いがある。まず、ぜひプレーはしたいということ。そして、私がプレーするかどうかについて議論が必要なくなるくらい、世界が好転すればいいなということだ。私の願いであり、希望であり、夢は、オリンピックでプレーをすることだ。しかし、それは、私、私のチーム、私の家族、私の国にとっても合理的な判断である必要がある。今後、数週間から一月でどのように変化するかを注視したい」

Q.10年前、あなたはこの場所でノバク・ジョコビッチ(セルビア)とものすごい試合を演じました[準決勝で7-6(5)、6-3、3-6、7-6(5)で勝利]。当時彼は45連勝中。あなたは分が悪いと言われていました。振り返ってもらって、何が心に響きますか?

「そうだね。観客たちが素晴らしかったのと、素晴らしく質の高いプレーができた。連勝中の彼を倒すためには、飛び抜けたパフォーマンスが必要だった。4セットで倒せたと思う。本当に調子の波に乗った試合だったと覚えているよ。振り返ってみると、何年も何年も世界中にある大きなスタジアムでクールな試合をプレーできたことは大変な幸運だったと思う」

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録

Photo by Takeo Tanuma