close

2021.06.30

選手情報

錦織圭/マクラクラン勉、青山修子/柴原瑛菜の東京オリンピック出場が内定

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

左から錦織、マクラクラン、青山、柴原

男女ダブルスのオリンピック内定が発表

6月29日、公益財団法人日本テニス協会は、男子ダブルスの錦織圭(日清食品/シングルス世界ランク57位)/マクラクラン勉(イカイ/ダブルス同42位)、女子ダブルスの青山修子(近藤乳業/ダブルス同14位)/柴原瑛菜(橋本総業HD/ダブルス同14位)が、東京オリンピック出場に内定したと発表した。

【画像】オリンピック出場ダブルスペア内定のリリース


同協会の発表によると、両ペアがオリンピックの出場圏内に入ったとITF(国際テニス連盟)から通知を受けたという。正式には、公益財団法人日本オリンピック委員会(JOC)に推薦名簿を提出し、JOC内での決済後に、オリンピック日本代表選手と認定されることになる。

東京オリンピックのテニス競技は、7月24日から有明テニスの森を舞台に開催予定。男子シングルスでは西岡良仁(ミキハウス/シングルス同56位)、錦織、ダニエル太郎の3選手が、女子シングルスでは大坂なおみ(日清食品/シングルス同2位)、土居美咲(ミキハウス/シングルス同81位)の2選手が、すでに出場圏内に入っている。
※世界ランキングは2021年6月14日付けのもの

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

注⽬の記事PICK UP