close

2022.04.16

選手情報

勝負のダブルス対決、青山修子/柴原瑛菜ペアが勝利してプレーオフ進出を決める[2022 ビリー・ジーン・キング・カップ]

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

写真:©️公益財団法人日本テニス協会

青山/柴原が逆転勝ちで日本のプレーオフ進出を決める

4月15日、トルコ・アンタルヤで開催中の「ビリー・ジーン・キング・カップ by BNPパリバ アジア/オセアニア・グループ1部」4日目、日本はグループ3位の韓国と対戦。2勝1敗で勝利し、2位以上が確定。今年11月に行われるプレーオフ進出権を獲得した。

【表】「ビリー・ジーン・キング・カップ by BNPパリバ アジア/オセアニア・グループ1部」勝敗表

まずNo.2で出場したのは初代表の内島萌夏(フリー/世界ランク208位)。パク・ソヒョン(同343位)に対して、「自分らしいプレーが最初からできた」というとおり、第1セット第1ゲームでブレークして主導権を握ると、このセット、相手にキープを許さず。6-1でセットを先取する。第2セット、パクの調子も上がってきたものの、内島は「最後まで自分のやるべきことに集中」。6-3で締めてまず日本チームに1勝をもたらした。

続いて、本玉真唯(島津製作所/同129位)とチャン・スジョン(同145位)によるNo.1対決となったが、「少し経験値の差があったのと、ドロップショットとタッチの差というところが出たのかな」と土橋登志久監督が語ったとおり、本玉本来のテニスを展開できず。3-6、2-6で敗れてしまう。

そして1勝1敗で勝負はダブルスで決まることに。
「韓国ペアが本当に素晴らしかった」(土橋監督)、「最初は思ったより相手のプレーがわかりにくかった」(柴原)と振り返ったとおり、第1セット、青山修子(近藤乳業/同ダブルス8位)/柴原瑛菜(橋本総業HD/同ダブルス7位)は、ハン・ナレ(ダブルス同144位)/キム・ナリ(ダブルス同672)に対してなかなか主導権を握れず。3ブレークを許して4-6で落としてしまう。しかし、青山/柴原は世界屈指のダブルスペア。競った第2セットを6-2で奪うと、第3セットも6-3。逆転勝利で、日本チームに勝利をもたらした。

この勝利で4勝0敗となった日本は、アジア/オセアニア・グループ1部の2位以上が確定。今年11月に行われるプレーオフ進出権を獲得した。そのプレーオフで勝利となれば、2023年のファイナル進出を決めるファイナル予選に進出できる。
大会最終日(4月16日)、日本は同じく4勝0敗の中国とグループ1部1位をかけて対戦する。

日本チームのコメントは以下のとおり。

★土橋登志久監督
Q. 今日の試合を振り返って
「スタートで出場した内島は、素晴らしいテニスで攻撃的に最後まで攻め切って勝利しえくれた。これは大きかったですね。日本チームに弾み、勢いをつけてくれた。エース対決となった本玉とチャン選手は、経験値の差が少しあったのと、ドロップショットとタッチの差というところが出たのかなと思います。ただ、負けたとはいえ、このいい経験を彼女は強みに変えてくれると思います。最後のダブルスは、韓国ペアが本当に素晴らしくて、柔らかいロブ、フォーメーションを巧みに使ってきて、世界トップの青山/柴原が圧倒されましたが、第2セットで何とか捕まえて最後は少し差が出ました。それでも最後まで気が抜けない試合でした。これがビリー・ジーン・キング・カップの醍醐味、全員で掴んだ勝利、選手たちを褒めたいですね」

Q. プレーオフ進出が決定
「本当にうれしく思います。やはり勝つと負けるとは違うし、もう1回ワールドグループに行くチャンスをもらえる。まずは明日の中国戦、全力で戦って次に備えたいと思います」

★内島萌夏
Q. 今日の試合を振り返って
「タフな相手ではあったんですが、引き続き自分らしいプレーが最初からできて、最後まで自分のやるべきことに集中して、プレーができて日本チームにいい流れで次の試合に渡せたと思うので、良かったです」

Q. 第2セット、相手もギアを上げた
「相手も第2セット以降、失うものもないという感じで思い切り良くきて、だんだん相手もボールが入るようになってきました。相手も少し良くなったけど、私は自分のプレーができればいい方向に結果がつながるとわかっていたので、自分のプレーを信じて最後までできたのが良かったと思います」

★青山修子/柴原瑛菜
Q. 今日の試合を振り返って
柴原
「チームで1勝1敗だったので、すごく大事な試合と思いながら入りました。最初は思ったより、相手のプレーがわかりにくかったんですけど、2人でどういう風に勝てるかという風に考えながら、やりました」

青山
「第1セットは相手のペースにうまくやられたりとか、私たちもプレッシャーを受けて少しエラーが出てしまいました。少しずつ修正して自分たちのエラーも減らして、とにかくしっかり相手とベースで打ち合うというところに戻したら、少しずつ流れが良くなって、そのままやり続けられたので、次につながる試合だったかなと思います」

【関連記事】内藤祐希、内島萌夏、青山修子/柴原瑛菜ペアが勝利して3連勝[2022 ビリー・ジーン・キング・カップ]

【関連記事】内島萌夏、本玉真唯、青山修子/柴原瑛菜ペアが勝利して連勝 [2022 ビリー・ジーン・キング・カップ]

【関連記事】内藤祐希、本玉真唯、青山修子/柴原瑛菜が勝利し、開幕戦のインドに勝利[2022 ビリー・ジーン・キング・カップ]


無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

注⽬の記事PICK UP