close

2022.05.31

選手情報

前年準Vのチチパスが8強逃す。19歳ルーネの攻撃力の前に苦杯[全仏オープン]

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

チチパス、上位8シードで最初に敗れる

5月30日、「全仏オープン」男子シングルス4回戦が行われ、昨年の準優勝者である第4シードのステファノス・チチパス(ギリシャ/世界ランク4位)は、ホルガー・ルーネ(デンマーク/同40位)と対戦。5-7、6-3、3-6、4-6で敗れた。

【動画】チチパスの怒濤の攻撃をしのいでルーネが反撃の一打でウィナー

昨年準優勝のチチパスは、1、2回戦でタフな戦いを制すと、3回戦でミカエル・イマー(スウェーデン/同95位)に快勝。ようやく本領を発揮し、良いプレーが出てきた。

この日の対戦相手は、19歳のルーネ。同い歳で今大会の優勝候補の一人として挙げられるカルロス・アルカラス(スペイン/同6位)に注目が集まるが、ルーネはクレーコート・シーズンのATP250ミュンヘン大会で、世界ランク3位のアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ/同3位)らを破って、ツアー初優勝。勢いを持って今大会を迎えると、初戦で第14シードのデニス・シャポバロフ(カナダ/同15位)に勝利し、その後もセットを落とさず勝ち上がっている。

両者、初対戦となった試合、第1セットで先にブレークして3-1としたチチパスだが、第5ゲームを30-0からブレークバックを許してしまう。これで勢いが止められると、5-5でルーネのパッシングショットが決まり、2度目のブレークを許して5-7で第1セットを失う。

セット終盤には自らのミスにいら立ちも見せたチチパスだが、第2セットには落ち着きを取り戻す。互いにサービスキープを続けて迎えた第8ゲーム、ルーネは早くポイントを決めたい焦りからかドロップショットなどで攻撃が速くなる。これをチチパスは冷静に対処してブレークに成功。続く第9ゲームをラブゲームでキープして、6-3でセットを奪い返す。

第3セット、チチパスは第6ゲームで2本のダブルフォールトを犯し、サービスゲームを落とし、自ら流れを手放してしまう。その後も果敢に攻撃を続けるルーネを前にブレークできず。3-6でセットを失うと、第4セットもルーネに先にリードを許して、セットカウント1-3で敗れた。

ルーネは、準々決勝で第8シードのキャスパー・ルード(ノルウェー/同8位)と対戦。ルードは4回戦で、第12シードのフベルト・フルカチュ(ポーランド/同13位)を6-2、6-3、3-6、6-3で下している。


■全仏オープン2022
日程/2022年5月22日(日)〜6月5日(日)
開催地/フランス・パリ:ローランギャロス
賞金総額/4,360万ユーロ(約59億円)
男女シングルス優勝賞金/220万ユーロ(約3億円)
サーフェス/クレーコート

【特集】全仏オープン2022の記事はこちら

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

写真=田沼武男 Photos by Takeo Tanuma

注⽬の記事PICK UP