close

2020.07.29

メーカーズボイス

「フェデラー張り」と「ウイルソンナチュラル」、「ルキシロンナチュラル」を一気打ち。フェデラーを含むトッププロが選ぶ理由がここに!!



IMPRESSION-03
「CHAMPION’S CHOICE DUO<フェデラー張り>」


編集部(広)
打ち味の軽さが印象的
合わせるだけでもいいボールが飛ぶし
押すスイング派は、イケるかも



縦にウイルソン・ナチュラル1.30mm、横にアルパワー・ラフ1.25mmの「CHAMPION’S CHOICE DUO」。先ほども書いているけれど、まぁ、とにかくナチュラルのキレイさにうっとりする。プロ選手も使わない選手が多いという縦ナチュラルを、なんと私がテストするとは! ということで打ってみた。

第一に感じられるのが、打ち味の軽さである。パワーがあるからなのか、ボールが軽く感じるのだ。かといって、球離れが早いというわけではない。

コントロールが難しいとされるセッティングだが、んー、こう書くと偉そうに聞こえて恐縮だが、押すスイングに近いからか、スイングが遅いからか、そこまで難しくて無理だという感覚はなかった。普段アルパワーを使っているが、それに感じたことない球の伸び、打球感を加えた感覚。ボールの乗りが良くなるので、スライスだったり、合わせて打つようなボールだったりが糸を引くように飛んでいく。横にアルパワーラフを張っていて、よりスナップバックが大きくなるからか、速くてヒュンて落ちるような、フェデラーみたいなボール(注意!自分の中での感覚)が打てる。これはもう快感だ。

(川)は難しいと言っていたので、相性はありそうだが、個人的にはポリ慣れしてる方なら、フェデラー張りに親近感があると思う。「CHAMPION’S CHOICE DUO」は税抜き7,500円。ウイルソン&ルキシロンのナチュラルは、税抜き12,000円と少し高くなる。ナチュラルをまず感じてみたいという人も、「CHAMPION’S CHOICE DUO」で試してみるのはいいかも。それを勧めるくらいナチュラルは、プレーを変える可能性がある。

もう一つ! 自分史上、一番ボレーが上手かったのがコレ。とにかく打ちやすかったので、ボレーが苦手な方にもお勧めしたい。





編集部(川)
挑戦者求ム!
フェデラーの凄さが
打てばわかるセッティング



飛びに関しては、ポリも入っているということで抑えめ。だが、打感としては柔らかさもあり、打ちやすくなっていると思う。そういうところで、パワーがありボールが飛びすぎてしまう人にとって、ナチュラル×ポリというセッティングはフィーリングも良く、ボールの飛びも抑えることができる。

ただ、縦ナチュラルというセッティングは、ボールコントロールが難しい…。
確かにアルパワーラフのスピン性能やナチュラルのフィーリングの良さのおかげで各ショットの打ちやすさを演出しているが、スイングスピードを上げれば上げるほど弾道やスピン量、深さを調整しづらくなってくる。これをフェデラーは使いこなしていると思うと、フェデラーはやっぱりすごい。

加えて、スピン量を増やすエラストクロスや打感をマイルドにする当て革をする…。それを感じ取れるフェデラーの右腕が欲しい。一日だけでも貸してほしい! このセッティングを試して、「確かにスピン量が少し上がるね」とか言ってみたい!
ぜひこの「CHAMPION’S CHOICE」に挑戦してみてください! そして、その感想を教えてください…。





➡︎Wilson Web Magazineは毎週水曜日更新!
次回(2020/7/29更新)は「Wilson&LUXILON&フェデラー張り試打インプレッション」について 乞うご期待!!

★[Wilson Web Magazineバックナンバー(2011年1月号~2020年3月号)]
https://wwm.tennisclassic.jp/archive/backnumber/index.html

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録