close

2020.08.24

選手情報

西岡良仁プロが熱弁! N論が「メンタル」をテーマに開催

8月22日、西岡良仁選手(ミキハウス)が、第3回オンラインテニス教室『N論』を開催した。「N論」は、西岡選手が「子供たちとコミュニケーションする場を作ろう、会話しよう」という想いから生まれたオンラインイベント。西岡選手がテニスを愛する若者たちと毎回違ったテーマについて自由なスタイルで語り合うのが特徴だ。

今回募集したのは、テニスに真剣な小学4年生~大学生。小学生を中心に100名を超える学生が国内だけでなく海外からも参加。「心の鍛え方」をテーマに西岡選手と参加者が話し合った。

【関連記事】西岡良仁がプロを目指す子どもたちにオンラインテニス教室を開催「プロになるとは?」を伝える

【関連記事】西岡良仁が第2回『N論』を開催。「キャリア」をテーマに中高生と語り合う



劣勢に立たされた時でも
正しい判断を下すこと

今回のN論で、特に西岡選手が語ったのが“劣勢に立たされた時”のこと。
「たとえファーストセットを落としても、勝つために何をするかを考える。『やばい、やばい。どうしよう』となり、パニック状態になる。もしくはイライラしてきたりする。そうすると冷静な判断ができなくなる」と、そこで【正しい判断を下すことができるかどうか】が重要だとした。

その上で、テニスの試合にある“流れ”についても言及。「良い時と悪い時が必ずある。けれど、ここが勝負どころだなというときに、メンタルが強い選手は思い切りのいいプレーができる」と、大事な局面でこそ力が発揮されるという。

“思い切り”と言っても、ただ攻めるだけなく、ポイント内でベストな選択ができるかどうか。「200km/hのサーブを思い切りリターンするのではなく、どのコースに来るのか考えること。相手のセカンドサーブになった時に、エースは取れなくていいから、(タイミングの速いリターンで)時間を奪って、相手に『攻めてますよ』というのを見せること。思い切りは、攻めるだけでなく、最善の手を選べるかどうか」(西岡)。

タグ