close

2020.10.11

大会情報

【まさかの未契約!!】シフォンテクに全仏オープン優勝をもたらした使用ラケットはプリンス「TOUR」

女子テニス界に現れた
超新星シフォンテク!

ノーシードからの優勝(しかもキャリア初優勝!)という快挙を成し遂げたイガ・シフォンテク(ポーランド)。新たなスターの誕生は、女子テニス界にとって、大きな出来事となった。


シフォンテク全仏ミニ写真館(写真:田沼武男)はこちらをクリック!!


【関連記事】ノーシードからの快進撃! 19歳シフォンテクが全仏初制覇!! <全仏オープン14日目>
【関連記事】シフォンテクがポーランド人として初の全仏決勝へ<全仏オープン12日目>
【関連記事】19歳のシフォンテクがハレプに完勝! 勝因は心理学者!? <全仏オープン8日目>


まさに超新星現る! という感じだが、一昨年2018年のウィンブルドンJr.では優勝(同年全仏Jr.ではダブルスで優勝)、ユースオリンピックでも金メダルを獲得しているのだから、それだけの資質はあったわけだ。とはいえ、1セットも落とさずに優勝を果たすとは、見事としか言いようがない。




見ていた方はわかると思うが、やはりその武器は、フォアハンドだろう。コンパクトなセットアップ、クイックなローテーションでキレのあるボールを放つフォアハンドは、決勝でも幾度となくエースを奪っていた。

その彼女が愛用するラケットは、プリンス「ツアー100(290g)<TOUR 100(290g)>」と言われる。
一部、東欧メディアで“同社と契約している”と報じられたが、本人が会見で「私は契約しないで使っている」と語っているので、誤報のようだ。ステンシルが入ってない選手が、グランドスラムシングルスで優勝、かつてそんなことはあったのだろうか!?




シフォンテクは、同じく会見で同ラケットについても触れていて「プリンスのラケットで長いことプレーしていて、他のラケットを試す時間もなかった。他の選手より軽いかどうかわからない。重いボールが打てることもわかっている。今使っているラケットに慣れたところだけど、(来年に向けて)プレシーズンで違うラケットをテストするかもしれない。ただ、大変になるかもね。このラケットで5年ほどプレーしているから」と語っている。


続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録

Photo by Takeo Tanuma