close

2020.10.21

選手情報

【偉業1000勝にあと1勝!!】ナダルがパリス・マスターズ出場を決断!

大会初優勝、1000勝達成に向けて
ナダルが、パリ大会出場を決断

スペインの「マルカ」紙が、ラファエル・ナダル(スペイン)が、11月ロレックス・パリ・マスターズ(11月2日〜8日)に出場することを決めたと報道した。

Click!!ナダル全仏ミニ写真館はこちら!(写真:田沼武男)

【関連記事】8代目「ピュアドライブ2021」ついに発売、テニクラ編集部がその全貌を解説
【関連記事】ナダル、前人未到の全仏OP13度目の制覇!<全仏オープン最終日>
【関連記事】【よくやった、ラファ】フェデラーがGS20冠達成の親友ナダルを祝福!!






その報道の元となったのが、昨日、ナダルのTwitter。
自身が所有する「ラファ・ナダル・テニスアカデミー」のインドアコートで練習する写真とともに「It’s indoor season time... this picture was earlier today practicing at the @rnadalacademy ... And yes... getting ready for #ParisBercy(インドアシーズンの到来。この写真は、ラファナダル・アカデミーで今日早い時間に撮影したもの。そう。パリベルシー[パリ・マスターズ]に向けての準備なんだ)」とツイートしたのだ。

全仏後、ナダルは年末までに大会に出場するかどうかについて「数日間、家族やチームと話をする必要がある。ただ、悪い決断をしなようにしたい。最善を尽くすよ。正しい決断をするためにも、考えるべきことをしっかり考えるようにしたい」と語っていた。

13度もの全仏優勝を成し遂げている彼だが、同大会での優勝経験はなし。マスターズ大会で優勝未経験なのは、同大会と上海大会とマイアミ大会である。先日の報道で、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)は欠場濃厚と言われていて、ロジャー・フェデラー(スイス)は今季出場予定なし。ビッグ3で唯一出場するとあって、優勝の可能性も高まるはずだ。

【関連記事】ジョコビッチがパリ大会を欠場か 年間1位のためウィーン大会に全力尽くす

その優勝とともに、達成が期待されるのが、ツアー1000勝という偉業だ。現在999勝201敗、あと1勝にまで迫っているのだ。

ツアー1000勝達成は、現役ではフェデラーのみ(1242勝271敗)、過去にはジミー・コナーズ(1274勝283敗)、イワン・レンドル(1068勝242敗)が達成している。

果たして、ナダルは1000勝を記録するであろうロレックス・パリ・マスターズで初優勝となるだろうか。

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録

関連する記事RELATED