close

2020.10.29

選手情報

錦織圭、自身のアプリで「今季終了」を報告

10月29日0時10分、錦織圭(日清食品)は、自身のスマホアプリ「Kei Nishikori」でメッセージを更新。その中で、パリ・ベルシー大会とソフィア大会の出場を取りやめ、今シーズンのプレーを終えることを発表した。
以下は、アプリに掲載されたメッセージ(英語での掲載)


<関連記事>全仏オープン2回戦敗退の錦織圭の一問一答! 「プレーは良くなってきた」
<関連記事>錦織圭がフルセットで敗れるも「一番良い試合」<全仏オープン4日目>
<関連記事>祝! 1年1ヵ月ぶりのグランドスラム勝利! 錦織圭「プレーできるのがうれしい」<全仏初日>


<自身のスマホアプリ「Kei Nishikori」に掲載されたメッセージ ※掲載は英文>
Hi everyone, just a little update on my schedule. I have decided to finish my year. I am excited to be back on the court but also have to make sure I am 100% when I play matches. Coming back after elbow surgery was not easy and came with some ups and down as expected. My shoulder is still bothering me a little bit so I have now decided to skip Pars and Sofia and put my full focus on 2021. This is obviously an important year coming up. Thank you for all your support and see you soon.

(皆さん、こんにちは。スケジュールについてのアップデートです。私は、今シーズンのプレーを終了することを決めました。プレーに復帰できてエキサイティングでしたが、プレーする際は100%の状態であることを確認する必要がありました。ヒジの手術からの復帰は簡単なものではありません。予想していたとおり、調子のアップ・ダウンがありました。私の肩も少し気になっています。そのため、パリ大会、ソフィア大会をスキップして、2021年シーズンにフォーカスすることを決めました。(来年は)重要なシーズンとなります。皆さんのサポートにお礼を言います。また、すぐにお会いしましょう)


9月、キッツビューエル大会で復帰したものの、同大会は1回戦負け、続くATPマスターズ1000ローマ大会は2回戦負け、ハンブルグ大会も1回戦負け、全仏は2回戦負けと復帰後、流れを掴むことができず。その後も、コンディションの問題で大会を欠場することになった錦織。オリンピックイヤーとなる2021年、さらに強くなって帰ってきてくれることを祈りたい。

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録

Photo by Takeo Tanuma

タグ

関連する記事RELATED