close

2021.02.08

大会情報

錦織圭が記者会見で語ったこと<一問一答>


<なかなかこういうタフな試合が続くと
簡単に自信が得られない>

――この後、アメリカに帰りますか? ここでしばらく調整してからヨーロッパに行きますか?
錦織「多分一回帰ると思いますけど、まだ相談していないので、もしかしたらいるかもしれないです。次ロッテルダムでインドアが2大会続くので、今日のプレーができていれば。上の選手とやるとどうかわからないですけど、多分もうちょっと下の選手だったら勝てて自信になると思うので、ドロー運も祈りつつ。なかなかシードがつきにくくなっていて、どうにかして這い上がっていかないといけないので。そこが、ランキングが落ちると難しいところですね。今は試合に勝って、自信をつけて上がっていかないといけないけど、なかなかこういうタフな試合が続くと、簡単に自信が得られない。そこらへんを運とも戦いながらだと思います」

――昨年はトップ10と試合がなかったことをおっしゃっていました。今回、上位の選手と戦ってみて、あとどのくらいまで調子を上げていけたらいいのか。ベストに戻りつつあるという手ごたえはつかむことができましたか?
錦織「今日に関しては、先週の2試合は不安すら感じる試合で、肩のケガもあってフレンチから空いたので。いきなりとトップ10の2人とやるのは、ちょっと自分のテニスを取り戻すには、あんまりいい出だしではなかったかなと思うんですけど、2週間のロックダウンもあったので、今日に関しては去年も含めて一番いい試合でした。プレー内容は良かったので、あとは大事なポイントでのプレーだったり、アンフォーストエラーが確実に多いので、そこを減らさないといけない。あと風下でのサービスゲームがそこまでよくなかったので、そこらへんを変えて、ロックダウンがあって調整できなくてみたいなのも続いたので、またサーブは課題かなと思います」

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録

Photo by Takeo Tanuma

関連する記事RELATED