close

2021.04.17

テクニック

2021春に購入したい【ヨネックス/バボラ/ダンロップ】実力チェック!! (2) トラックマンによる試打テストを実施

ラケットプラザとテニスクラシックによる試打テスト企画。第2弾ではヨネックス、バボラ、ダンロップの最新ラケットの実力をチェック!


バボラは『ピュアドライブ』を
3種類のストリングで試打!

バボラの『ピュアドライブ(Pure Drive 2021)』にナイロン・マルチ(Xcel/ゲージ1.30/テンション50)、ポリ(RPM POWER/ゲージ1.25/テンション42)、ナイロンモノ(SYN GUT/ゲージ1.30/テンション50)を張って試打をした。

バボラの担当者によるラケット紹介映像では、新しいピュアドライブが日本では8代目(世界では10代目)のモデルで、特長はきれいなグラデーションが施されたデザインだと強調されている。また、面の剛性を高めるための新しいシステム「HTR」が搭載されており、面の安定性がありながらもパワーを出してくれるラケットだと紹介されている。

試打インプレッションについて、右近氏と椿野氏はそれぞれ次のように語った。

右近氏「前モデルと比べて、食いつきがすごく増えて、よりコントロールしやすくなった印象でした。以前よりも反発性が抑えられているようですが、球伸びはあるような気がしました。ただ、『ピュアドライブ』は本当によく飛ぶので、その点は少し調整しないといけないかなと思います。以前よりも少し使いやすくなった感じがします」





椿野氏「前のモデルも試打したことはありますが、私の中では、以前のモデルよりも打球感が少し硬いなと感じました。やっぱり『ピュアドライブ』なのでボールは持ち上がりますし、結構スピンもかかります。ただ、ナイロンを張るとその点が少しぼやけてしまう印象はありました」

『ピュアドライブ』に合う
ストリングのベスト・セッティングは?

『ピュアドライブ』のベスト・セッティングについて、右近氏はポリを挙げ、「より安心感があって、ラケットの性能を発揮できるのではないか」と理由を述べた。椿野氏も「完全に右近さんと一緒」とポリを選択。ただ「より反発を重視したい人にはナイロンのセッティングがオススメ」と指摘した。






続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録

注⽬の記事PICK UP