close

2021.05.04

テクニック

サーブの安定感を上げるためのちょっとしたコツとは!? (4) 【テニス上達ワード50】[リバイバル記事]

今回はサーブで悩んでいるプレーヤーに上達するためのちょっとした「コツ」をお届け!


[サーブ] 上達ワード15
サーブが安定しない…
「トロフィーポーズをつくればタメができる」

サーブは連続動作ですが、タメをつくることも大事。そこで「トロフィーポーズをしっかり意識してタメをつく」ろう。この際、右ヒジが低くならないように注意したい。


トロフィーポーズをしっかりつくる意識を持つとタメができる (写真:D.ティエム[オーストリア])


[サーブ] 上達ワード16
球種を読ませないためにどうする?
「トスは左肩の前の位置に」

サーブの種類を相手に読ませないために、「トスを上げる位置は左肩の前に」してみよう。前後の調整ですべてのサーブが打ちやすくなり、読まれにくくなる。


左肩の前を基本にし、前後にズラすことで調整したい (写真:R.バウティスタ・アグ[スペイン])


<次回に続く>

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録

写真=田沼武男、石塚康隆(NBP)

タグ

注⽬の記事PICK UP