close

2021.07.15

テクニック

サーブで「安定感を高める」「もっとパワーをつける」「回転をうまくかける」ためのちょっとしたコツを紹介!(12) 【テニス上達ワード50】[リバイバル記事]

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

サーブで「安定しない」「もっとパワーをつけたい」「回転がうまくかからない」などの悩みを解消するちょっとしたコツをお届け!

「安定感を高めたい」
「構えでのコツを知りたい」

などの悩みを解消するコツを紹介!

「あるひと言で悩みが解決した!」ということはよくあること。テニスクラシック・ブレーク誌上に掲載され、読者から評価の高かったサーブの【上達ワード】を50個厳選。今回はいよいよ最後の5つの上達ワードを紹介。今こそ、サーブの悩みを解消しよう!

※『テニスクラシック・ブレーク』2019年8月号に掲載したものを再編集した記事になります

【関連記事】テニスがうまくなる「上達ワード50」記事はこちら



[サーブ] 上達ワード46
安定感を高めたい…
「前→後ろ→前の体重移動を意識!」

リズムが大事なサーブで必須なのが「前→後ろ→前の体重移動」。構えで前、トロフィーポーズまでで後ろ、インパクトに向けて前、というように体重移動するのだ。この点は意外とおざなりにしがちなので、この機会に体得しよう。




構えで後ろに荷重しておく場合は、最初の「前」は省いてもOK (写真:K.アンダーソン[南アフリカ])



[サーブ] 上達ワード47
もっとパワーをつけたい…
「右足でも蹴ってスイング」

スイングに向かう際、前足でばかり蹴ってしまうもの。しかし、両足で蹴るほうが当然パワーは上。だからこそ、「右足(後ろ足)で上に蹴る意識」を持つのがポイントだ。


両足で蹴ることで、パワーは高まる (写真:錦織圭[日清食品])

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

写真=田沼武男、石塚康隆(NBP)

注⽬の記事PICK UP