close

2021.08.11

選手情報

<一問一答>錦織圭、肩を痛めながらもサーブを工夫しフルセット勝利「この速いサーフェスで唯一生きた」 [ナショナル・バンク・オープン]

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

錦織圭、昨年9月に敗れた世界59位ケマノビッチに雪辱!「うまくプレーできた」

8月10日、「ナショナル・バンク・オープン」(カナダ・トロント/ATPマスターズ1000)大会2日目、錦織圭(日清食品/世界ランク55位)は、シングルス1回戦でミオミール・ケマノビッチ(セルビア/同59位)と対戦。6-4、6(5)-7、6-2のフルセットで下し、2回戦進出を果たした。

【動画】錦織圭、ケマノビッチの頭上を抜く美しいロブショット&マッチハイライト

この日の試合、錦織は試合序盤からストロークで主導権を握って、ケマノビッチにチャンスを与えず。第5ゲームで奪ったリードを保って、第1セットを先取した。続く第2セットこそタイブレークの末に落とした錦織だが、ファイナルセットでは第1ゲームのピンチをしのぐと、2度のブレークに成功。一気に4-ゲームを連取すると、5-2とした第8ゲームでもケマノビッチのサービスゲームを破り、2回戦進出を決めた。

試合後、錦織は「相手にプレッシャーがかかったと思う。2-0にできたことが大きかった」と、最終セット第1ゲームをキープし、続く第2ゲームをブレークできたことが重要だったとコメント。また、先週の「シティ・オープン」(アメリカ・ワシントンD.C./ATP500)で肩を痛めており、サーブスピードが思うように出せない中での試合となったが、「サーフェスが速かったのでスライスサーブ、ファーストサーブを入れていれば攻められることはなかった。この速いサーフェスで唯一生きた」と、サーブの確率、変化を加えることで試合を優位に進めることができたと語った。

2回戦では、2019年に2敗を喫している第7シードのフベルト・フルカチュ(ポーランド/同13位)と対戦する錦織。「サーブからの展開が速かったり、フォアで強烈なフラットを打てる選手。速いサーフェスでその展開が怖い」と警戒した。

以下、会見での錦織の一問一答である。

Q.肩や手首を気にしていましたが、どのような状態なのか教えてください。

「ちょっと痛みはあるので、回復を見ながらという感じです」

Q.それはワシントンの途中で出たものでしょうか?

「はい、先週からあります」

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

タグ