close

2020.12.30

メーカーズボイス

ついにベールを脱いだWilson新テニスラケット「バーン100S バージョン4.0」 新旧比較&編集部試打インプレ付き


プラスαとして加えた
「縦しなり」の数値アップ
わずかな差が大きな違いになる

加えての“プラスα”が、スピン性能を若干アップさせること。ウイルソン・フリークなら知っているかもしれないが、現在、同社では、①純しなりの数値 ②面ブレの数値 ③縦しなりの数値をラケット作りの指標の一つにしている。





バージョン3.0というと、まず面ブレは全メーカーの中でトップの少なさである。加えて、純しなりに関しては、全メーカーの中で最も純しなりが小さい「ウルトラ バージョン3.0(ULTRA V3.0)」に次ぐ数値となっている。そして、今回、手を加えたのが“縦しなり”である。純しなりも面ブレも少ないのだから、縦しなりも当然小さかったのだが、これをわずかにアップさせた。これにより、スイング上は気づかない程度だが、スナップ・バックがわずかに大きくなり、スピン性能がアップする。また、コスメのペインティングも、ベルベット・ペインティング(V3.0)から、耐久性に優れた「マット・コーティング」(V4.0)となっている。


一番の変化というと、価格かもしれない。バージョン3.0では税抜¥30,000だったが、ニューモデルは税抜¥23,000とお手頃になっている。これは、モールド(フレームの型)が変更になっていないこと、さらにカウンターベイルを取り除いたことからコストが下がったためだという。一般ユーザーにとっては、これ以上ないうれしい話である。


続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録