close

2020.12.30

メーカーズボイス

ついにベールを脱いだWilson新テニスラケット「バーン100S バージョン4.0」 新旧比較&編集部試打インプレ付き


編集部インプレッション!
「バーン バージョン4.0(BURN V4.0)」

すでに高かった完成度がさらにアップしたという「バーン100S」シリーズ。
その打ち味はいかなるものか?
新旧ラケット、プラチナスペックとなる「バーン100LS バージョン4.0」を打った編集部(広)、(川)が感想をお伝えする!

※「DUO CONTROL」を46ポンドで貼っています





バーン100S バージョン4.0×バーン100S バージョン3.0
<BURN 100S V4.0>
価格:23,000円(税抜)、フェイスサイズ:100平方インチ、長さ:27インチ、平均重量:300g、平均バランス:32.0cm、フレーム厚:23.0-25.0-23.0mm、ストリングパターン:18×16、グリップサイズ:G1・G2、テクノロジー:ハイパフォーマンス・カーボン・ファイバー、ダブルホール、パラレル・ドリリング、スピン・エフェクト・テクノロジー


編集部(広)
打球感はまったく違う!
スライス、サーブで
新作はよりメリットを感じる

全然違うのは「打球感」。バージョン3.0ではカウンターベイルが入っているため、インパクト時のボールの情報がどうしても削がれた感じになる。その点で、最新作はより情報が伝わってくる。単純に、衝撃という部分では、増すものの、振動止めを加えることでそれは対処できるはず。これは好みでもあると思う。そういった打球感の違いから感じるのか、バージョン3.0の方がトップヘビーのように感じてしまった。スペック上、同じなのでこれは私の勘違いなのだが。その勘違いをさせたのが、縦しなりの違いではないだろうか。バージョン4.0の方が、わずかに打ち味が軽いこともあってか、高さが出る。
注目のスピン性能に関しては、フラット系の私のスイングでは、新旧の判別はつかなかった。ストロークで感じたのは、このラケットは軸回転スイングの方が良さを出せるのではということ。というのも、私のボールは向こうのサービスライン付近から失速してしまうのだが、(川)のボールはしっかり走ってくる。ボールを厚く捕らえ、しっかりスピンをかけてくる人の方が良さを発揮できるかもしれない。
それでは、私にはメリットはなかったかというと、そんなことはない。何より驚いたのは、スライスの乗りの良さ。しっかりスピン量がかかり、滑っていくのでバウンド後も跳ねないのだ。加えて、スピン系のサーブがとてもいい。反発力がよく、そこにしっかりスピンも加えられる。
コスメに関してだが、プレー中は大きな違いは感じない。スロートに手を当てるタイプの人は、夏場ならわかるかもしれないが、これも慣れ次第と言えるだろう。
打ち味が軽い分、より振り回せるということで、バージョン4.0の方にいいイメージを持った試打だった。





バーン100LS バージョン4.0
<BURN 100LS V4.0>
価格:23,000円(税抜)、フェイスサイズ:100平方インチ、長さ:27インチ、平均重量:280g、平均バランス:32.5cm、フレーム厚:23.0-25.0-23.0mm、ストリングパターン:18×16、グリップサイズ:G1・G2、テクノロジー:ハイパフォーマンス・カーボン・ファイバー、ダブルホール、パラレル・ドリリング、スピン・エフェクト・テクノロジー

編集部(広)
ストローク、ボレー、サーブ…

280gでトータルバランスに優れている
むしろ男性が使ったら、いい武器になりそう

280gというと、軽いなーと思う人がいるかもしれない。私も340gを使っているので、とにかく軽く感じる。こういうラケットの場合、個人的に嫌なのが、チープな打球感になること。だが、今回の「バーン100LS V4.0」は、そんなチープさはない。「バーン100S V4.0」より球離れは早いが、柔らかさの中に芯があるしっかりした打球感だった。そして、パワーがあるので、どんなボールが来ても対応できる。

そういった特徴があるから、とにかくストロークが楽。「バーン100S V4.0」では、相手コートで失速してしまうなと感じたが、こちらの方がいいボールが飛んでいたと思う。特に感じたのは、ボレーで軽いのでラケット操作がしやすいし、たわみがある分、コントロールもしやすい。ストローカー向きのラケットというと、シングルスをイメージさせてしまうが、これはダブルスで生きるはず。こういうスペックなので、女性や中高生にと書きがちだが、逆にそれなりにパワーのある男性が使うのもおもしろそうだ。サーブでも振るほどにキレも重さもあるボールが打てるので、「これは使える」と感じた。



続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録