close

2021.04.17

テクニック

片手バックハンドの「悩み」を解消するちょっとしたコツを紹介!【上達ワード50】[リバイバル記事]

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

今回は片手バックで悩んでいるプレーヤーに上達するためのちょっとした「コツ」をお届け!


[片手バック] 上達ワード11
強いボールを打ちたい…
「相手に背中を見せて右手の甲で打つ」

力みは禁物! 体のひねり戻しを生かすこと。「テイクバックで相手に背中を見せるようにひねること」、そして「右手の甲で押し出す」。“力”で打つのではなく、“体”で打つイメージだ。



力で打つと安定しない。体で打つことでパワーも安定性も増す (写真:G.ディミトロフ[ブルガリア])



[片手バック] 上達ワード12
高いボールを打ちたい…
「右肩甲骨で打つイメージで大きく振る」

高い位置でセットしたら「右肩甲骨で打つイメージで打って」みよう。腕の力だけでなく、重さのある体幹を生かしたスイングにより、ボールを弾き返しやすくなる。



右肩甲骨を当てるように打つ! (写真:S.チチパス[ギリシャ])



【次の記事】両手バックハンドの「悩み」を解消するちょっとしたコツを紹介!【上達ワード50】[リバイバル記事]

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

写真=田沼武男、石塚康隆(NBP)