close

2021.05.01

テクニック

【テニスのダブルス強化】ブライアン兄弟のI(アイ)フォーメーションを学んでもっとうまくなろう(3) [リバイバル記事]

長年世界のトップペアとして活躍したブライアン兄弟のダブルスのテクニックや戦術を紹介!


【2】兄弟のI(アイ)フォーメーションの
成功率が高い3つの理由

次に、ブライアン兄弟のゲーム運びを見てみましょう。今回はサービスゲームのフォーメーションです。

世界のダブルスを見ると、必ずと言っていいほど出てくるのが、I(アイ)フォーメーションです。ブライアン兄弟もよく使っていました。

このフォーメーションの目的は、リターンの調子がいいレシーバーにリターンの方向で迷いを生じさせることにあります。そのため、サーバーはセンター寄りに構え、サーバー側の前衛はセンターライン付近に低く構えます。前衛は左右どちらにも飛び出すことが可能なため、レシーバーはどこに打とうか迷う、というわけです。

彼らがこのフォーメーションでの成功率が高かった理由は、ファーストサーブの入る確率が高く、コースを狙えるコントロール力に優れていたから。さらに、前衛の思い切りのよさも考えられます。

一般プレーヤーの皆さんも、この3つの理由を見習って、Iフォーメーションに挑戦してみてください。

I(アイ)フォーメーション
サーバーと前衛はほぼ一直線に構える

Iフォーメーションではサーバーと前衛がほぼ一直線に構える。サーバーはセンター寄りに構え、前衛はセンターライン付近に構える。一方、レシーバー側は2人ともベースラインに構える2バックになることが多い


Iフォーメーションから前衛がポイントを決める

(写真上から1コマ目)
サーバーはセンター寄りに構え、前衛はセンターライン付近に低く構える

(2コマ目)
サーバーがサーブを打った直後。まだ2人は動かないので、レシーバーはコースの選択を決断できない

(3コマ目)
レシーバーが打ったリターンの方向を見て、サーバーは即座に右サイドに移動し、前衛は左サイドに動き出す

(4コマ目)
前衛がリターンをポーチしてポイントを決めた


<後編に続く>

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録

写真=石塚康隆(NBP)、青山義幸

タグ

注⽬の記事PICK UP