close

2021.05.22

テクニック

忖度なし! “ほぼ”黄金スペック試打。全日本ベテラントップランカー“右近貴志氏”が本気打ち トラックマン・データを公開 (3)

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

全日本ベテラン、トップランカーの右近貴志氏が6メーカーの黄金スペックに近いモデルを試打。トラックマンによる数値を一挙に公開!


ウイルソン『PRO STAFF 97 V13.0』

最初に打ったのは、ウイルソン『PRO STAFF(プロスタッフ) 97 V13.0』。ストリングは『ALU POWER 115』、テンションは43ポンドで試打した。このモデルの特徴は、『プロスタッフ V1.0』を彷彿とさせるフィーリングで、なおかつ、現代のパワーテニスに対応しうるパワーとコントロール性能を併せ持つということ。第1弾の動画で、右近氏は「昔のプロスタッフに近い感じ。食いつきもあって、球乗りもよく、弾きもいい印象だった」と語っていたが、果たしてどのような数値が出たのだろうか!?



<ウイルソン>
『プロスタッフ(PRO STAFF) 97 V13.0』スペック

フェイス面積:97平方インチ
重さ:315g
素材:BLX+ブレイディッド・グラファイト+ケブラー
バランス:310mm
全長:27.0インチ
フレーム厚:21.5/21.5/21.5mm
ストリングパターン:16×19



無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録